「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



愛はあまりにも若く<品切>

TILL WE HAVE FACES

A MYTH RETOLD


プシュケー〈心〉とアモール〈愛〉の神話は、ローマの作家アプレイウスの『黄金のろば』にある数々の話のなかでもとりわけ有名である。この神話を、『ナルニア国ものがたり』の作者C.S.ルイスが、天馬空をゆくような想像力でえがいた華麗なファンタジー。
――小さな国グロームには三人の王女があった。末娘のプシュケーはことのほか美しく、その姉オリュアルは彼女に限りない愛を注いだ。しかし悲劇は、彼女のあまりの美しさゆえに起こる。〈灰色の山〉の神に献げられ、獣の花嫁とされるのである。不幸なプシュケー……オリュアルは一つのランプを妹に与えた。神の正体を見とどけさせようと。そして破局が――。

このファンタジーは、プシュケーを過酷な運命に陥れた神を告発しようと、姉オリュアルがギリシア語で一巻の巻物を著したとの形式から成る。ルイスの眼は、アプレイウスの紙背にも徹する独創性を示している。そして魅惑的な物語の展開のなかに、愛とは、良心とは、神とは、人間の真の姿とは、との問いかけが響いてくるのである。
《ファシネーションという語のラテン語の原義にある恐れ、驚き、そして魅力の混ざりあった印象を、いかなる小説にもまさって人の心に焼きつける物語》(ニューヨーク・タイムズ)



著訳者略歴

C・S・ルイス
Clive Staples Lewis

1898年北アイルランドのベルファストに生れた。幼くして母を失い、兄とともに育ち、父の友人カークパトリックに古典の個人指専を受けた。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
中村妙子
なかむら・たえこ

1923年東京に生れる。1954年東京大学文学部西洋史学科卒集。翻訳家。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

書評情報

鈴木ユリイカ<明日の友 2011年第195号>

この本の関連書


「愛はあまりにも若く」の画像:

愛はあまりにも若く

「愛はあまりにも若く」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/352頁
定価 3,024円(本体2,800円)
ISBN 4-622-01128-X C0097
1976年5月30日発行
<ただいま品切です>