「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



中国服のブレヒト<品切>


ブレヒト(1898-1956)はドイツの詩人・劇作家である。彼の体験は、第一次大戦、ロシア革命、ナチズム、日独伊防共協定、スターリン時代、第二次大戦から戦後にわたる。この現代史を生きた詩人はつねづね中国の古典を深く愛読していた。とくに墨子のドイツ訳は座右の書であった。墨子は諸子百家の一人であるが、「楊墨ともに邪説ながら、墨?は揚朱よりもさらに矯偽の言行多くして人情に近からず」(朱子)として忌避された異端の思想家である。
ブレヒトの死後、未完のまま残された彼の遺稿に「メ=ティ」(墨?)という小冊子があった。それは、ブレヒトの生きた時代の、人物行動・事件への鋭いアフォリズムの詩的散文の束であった。
著者は、墨?をたどり、ブレヒトを探りつつ、2300年前の世界と20世紀前半の世界の交錯に光をあてる。その視座は、もちろん著者の戦後世界の体験に根ざしている。
二つの過去が二つの言葉、中国語とドイツ語を媒介として蘇えるプロセスの魅力は、著者の現代観察の眼とともに、読者を捉えてはなさぬであろう。



著訳者略歴

長谷川四郎
はせがわ・しろう

1909年函館に生れる。『シベリヤ物語』『鶴』によって自己の文学的資質を示し、その後も『模範兵隊小説集』『ボートの三人』『原住民の歌』など多数の作品を発表。『長谷川四郎全集』(全16巻、晶文社)がある。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「中国服のブレヒト」の画像:

中国服のブレヒト

「中国服のブレヒト」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/240頁
定価 2,376円(本体2,200円)
ISBN 4-622-01140-9 C0095
1973年2月25日発行
<ただいま品切です>