「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



現象学の理念<品切>

DIE IDEE DER PHAENOMENOMENOLOGIE


現代の思想・科学に大きな影響を与えたフッサール現象学への最も信頼に足るコンパクトな入門書。



著訳者略歴

エトムント・フッサール
Edmund Husserl

1859年4月8日当時のオーストリア領に生れる。1876年ライプチヒ、ベルリン、ウィーンの各大学に学び、1883年学位を得る。1884年ウィーン大学のブレンターノの門下に入り、専攻していた数学から哲学への道を歩む。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
立松弘孝
たてまつ・ひろたか

1931年名古屋に生れる。1953年南山大学文学部独文学科卒業。東京大学大学院修士課程を経て、1955-58年ボン大学で哲学専攻。南山大学名誉教授。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「現象学の理念」の画像:

現象学の理念

「現象学の理念」の書籍情報:

A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/208頁
定価 3,520円(本体3,200円)
ISBN 4-622-01921-3 C3010
1965年10月10日発行
<ただいま品切です>