「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



構造人類学

ANTHROPOLOGIE STRUCTURALE


レヴィ=ストロースは、マルクスの有名な定式〈人間は自分の歴史をつくる。けれども歴史をつくっていることを知らない〉を引用し、前半の言葉で歴史学を、後半の言葉で民族学を正当化し、二つのアプローチは補完的で分ちがたいものであることを示しているといい、人類学の目的は、意識されない思惟の普遍的構造を明らかにし、人間への全体的考察に寄与することにあると述べている。
この目的を果すために、無意識な言語活動に音韻上の体系をもたらした構造言語学の成果や数学の変換理論を人類学に適用することは、レヴィ=ストロースによりはじめて、ひとつの力をもった方法として確立した。本書は、未開社会の親族関係、社会組織、宗教、神話、芸術に構造分析の軌跡を具体的に例示した、構造主義人類学のマニフェストというべき画期的論文集。後半の諸章における人類学の方法と人類学教育の現状と未来についての考察も、きわめて示唆に富むものである。

〈レヴィ=ストロースは、創造的芸術家や精神分析の冒険者と同じ精神行為を内包する、トータルな仕事としての人類学を創造した。〉(スーザン・ソンタグ)


目次


はしがき

序 (生松敬三訳)
第1章 歴史学と民族学

言語と親族 (佐々木明訳)
第2章 言語学と人類学における構造分析
第3章 言語と社会
第4章 言語学と人類学
第5章 第3章、第4章への追記

社会組織 (生松敬三訳)
第6章 民族学におけるアルカイスムの概念
第7章 中部および東部ブラジルにおける社会構造
第8章 双分組織は実在するか

呪術と宗教 (田島節男訳)
第9章 呪術師とその呪術
第10章 象徴的効果
第11章 神話の構造
第12章 構造と弁証法

芸術 (荒川幾男訳)
第13章 アジアとアメリカの芸術における図像表現の分割性
第14章 魚のつまった胴体をもつ蛇

方法と教育の諸問題 (川田順造訳)
第15章 民族学における構造の観念
第16章 第15章への追記
第17章 社会科学における人類学の位置、および、人類学の教育が提起する諸問題

〈訳者あとがきに代えて〉 人類学の視点と構造分析 (川田順造)
文献
索引


著訳者略歴

クロード・レヴィ=ストロース
Claude Levi-Strauss

1908年ベルギーに生れる。両親はフランス国籍のユダヤ人。幼少時より動植物の観察や蒐集に興味をもつ。1927-30年パリ大学法学部と文学部に在籍。1931年哲学教授資格を得る。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
荒川幾男
あらかわ・いくお

1926年生。東京大学文学部哲学科卒業。元東京経済大学教授。著書『三木清』(紀伊國屋書店、1968)。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
生松敬三
いきまつ・けいぞう

1928年生。東京大学文学部哲学科卒業。元中央大学教授。1984年歿。著書『思想史の道標』(勁草書房、1965)『書物渉歴』(みすず書房、1984)。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
川田順造
かわだ・じゅんぞう

1934年生。東京大学教養学部教養学科卒業。現在神奈川大学大学院歴史民俗資料学研究科教授・日本常民文化研究所所員。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
佐々木明
ささき・あきら

1934年生。東京大学教養学部教養学科卒業。青山学院大学名誉教授。著書『スタンダード和仏辞典』(共著、大修館、1971)『新スタンダード和仏辞典』(共著、大修館、1987)。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
田島節夫
たじま・さだお

1925年生。東京大学文学部哲学科卒業。東京都立大学名誉教授。著書『構造主義と弁証法』(せりか書房、1968)。訳書 ベルグソン『物質と記憶』(白水社、1965)ほか。

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

書評情報

小松和彦(国際日本文化研究センター所長)
<2016年11月6日(日):日本経済新聞>

この本の関連書


「構造人類学」の画像:

構造人類学

「構造人類学」の書籍情報:

A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/488頁
定価 7,128円(本体6,600円)
ISBN 4-622-01971-X C3010
1972年5月30日発行

この本を購入する