みすず書房

デカルト派言語学

合理主義思想の歴史の一章

CARTESIAN LINGUISTICS

判型 A5判 タテ210mm×ヨコ148mm
頁数 176頁
定価 3,520円 (本体:3,200円)
ISBN 978-4-622-01974-9
Cコード C3010
発行日 1976年9月30日
備考 現在品切
オンラインで購入
デカルト派言語学

知識人とメディアの責任を中心に、長年にわたって現代世界に向けて発言をつづけてきたチョムスキーの存在と活動は、2001年9月11日の同時多発テロ以降、いっそう注目されるようになった。その人間の尊厳を追求する思想は、言語学者としての言語観にふかく根ざしている。
著者は、20代で変形生成文法を提唱、実証主義や行動主義と対峙しながら、現代言語学における革新をもたらした。その理論は、人間に組み込まれた生まれながらの言語能力を想定し、諸言語の深層に横たわる普遍性の発見を課題とするものである。
本書は、変形生成文法の源流を、17世紀の合理主義思想に求め、デカルトからポール=ロワヤル文法へ、さらにフンボルト、ロマン主義へと連なる言語学の流れを明らかにする。その試みは、言語行動における自由と創造性に光をあて、自らの言語観、人間観を示す《方法序説》となっている。

目次

訳者のことば

序言
言語使用の創造的面
深層構造と表層構造
言語学における記述と説明
言語の習得と使用
要約


参考書目
解説