「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



一般言語学の諸問題

PROBLEMES DE LINGUISTIQUE GENERALE


「本書の考察の的は、生物的なものと文化的なものとの関係、主体性と社会との関係、記号と対象物との関係、象徴と思考との関係、さらにまた言語内分析の諸問題なのである。したがって、他の分野でのことばの重要性を見いだしている人ならば、言語学者というものが、自分の問題としてみずからに問いかけるに至った疑問のいくつかにどのようにとり組んでゆくものかをご覧になるであろうし、またおそらく、ことばの結構こそ、あらゆる記号体系を限定するものであることに気づかれることであろう」
本書は、ロマーン・ヤーコブソンと並ぶ現代言語学の雄、エミール・バンヴェニストの代表的論文21編を収め、真の創見に満ちた彼の言語学的思想と方法を遺憾なく示すものである。ソシュールの学統をうけ継いだバンヴェニスとの言語学は、ときに専門的・特殊的であっても、決して人間と社会から遊離することはなく、また他の人間諸科学―文化人類学、社会学、歴史学等との連関を絶つこともない。その言語学は狭い専門領域に自閉することなく、フロイトやモース等の思想をも視野に収める広大な知的地平をカバーしている。最近の言語理論に関する簡潔な展望からソシュールの歴史的意味、コミュニケーションの問題、構造と分析、さらに統辞機能、語彙と文化まで、現代の言語学をめぐる《諸問題》をあつかった本書は、今日の《人間と言語・文化》をかんがえる上で必須の一冊であろう。


目次


凡例
はしがき

I 言語学の変換
1 一般言語学の最近の傾向
2 言語学の発展を顧みて
3 ソシュール没後半世紀

II コミュニケーション
4 言語記号の性質
5 動物のコミュニケーションと人間のことば
6 思考の範疇と言語の範疇
7 フロイトの発見におけることばの機能についての考察

III 構造と分析
8 言語学における《構造》
9 言語の分類
10 言語分析のレベル

IV 統辞機能
11 名詞文について
12 動詞の能動態と中動態
13 《be》動詞と《have》動詞の言語機能

V 言語における人間
14 動詞における人称関係の構造
15 フランス語動詞における時称の関係
16 代名詞の性質
17 ことばにおける主体性について
18 分析哲学とことば

VI 語彙と文化
19 再構成における意味論上の諸問題
20 婉曲語法:昔と今
21 印欧語彙における贈与と交換

あとがき
索引


著訳者略歴

エミール・バンヴェニスト
Emile Benveniste

1902年に生れ、1976年没.。パリ大学高等研究院の比較言語学・イラン語学指導教授、コレージュ・ド・フランス教授を歴任。印欧比較言語学の研究の他にも、ソグド語文書やバクトリア碑文の解読など、秀れた業績がある。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
岸本通夫
きしもと・みちお

1918年福岡県に生れる。1941年東京大学文学部卒業、言語学専攻。元甲南大学教授。1991年歿。著訳書『ユーラシア語族の可能性』『古代オリエント』『ヨーロッパ文学とラテン中世』(共訳)等。

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
河村正夫
かわむら・まさお

1924年滋賀県に生まれる。東京大学卒業。元早稲田大学教授。1976年歿。著訳書『フランス語のメカニズム』『フランス語動詞の活用』(共著)『言語学事典』(共訳)『アール・デコ』等。

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
木下光一
きのした・こういち

1928年東京に生まれる。アテネ・フランセ卒業。獨協大学名誉教授。フランス語学専攻。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
高塚洋太郎
たかつか・ようたろう

1923年和歌山県に生れる。京都大学言語学科卒業。フランス語学・言語学専攻。元関西学院大学文学部教授。1996年歿。著訳書『中世フランスのテキストの研究』『新和仏中辞典』(共著)等。

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
花輪光
はなわ・ひかる

1932年山梨県に生れる。1955年東京教育大学文学部仏文科卒業。1959年同大学大学院博士課程中退。元筑波大学文芸・言語学系教授。1999年歿。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
矢島猷三
やじま・ゆうぞう

1934年に東京に生まれる。京都大学大学院博士課程修了。ロマンス語学専攻。愛知県立大学名誉教授。2006年歿。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「一般言語学の諸問題」の画像:

一般言語学の諸問題

「一般言語学の諸問題」の書籍情報:

A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/344頁
定価 7,020円(本体6,500円)
ISBN 4-622-01979-5 C3010
1983年4月1日発行

この本を購入する