「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



イギリス社会史 2<品切>

ENGLISH SOCIAL HISTORY


トレヴェリアンの『イギリス社会史』は〈ひとつの社会史であるばかりでなく、ひとつの社会現象である〉(J.H.プラム)とさえ評された。それほどに、チョーサーからヴィクトリア女王の時代まで6世紀にわたるイギリス民衆の生活を描いたこの書は、人びとに深い感銘を与えた。

そこには、これらの日々を生きた男女の労働、食事、家庭、衣服、習慣、信仰、余暇が美しい筆致で再現されている。この書のどのページを開いても、偉大な歴史家の生涯の最後に書かれた史書にふさわしい知識と知恵と、そしてイギリス民衆の生活様式への愛情とに出会う。〈同じ一冊の書物がふつうの読者をも歴史の研究家をもともに魅するべきである、という理想を私はすてさることができない〉(「史神クリオ」)。これは、著者のその理想の実現である。

王政復古時代につづく第2巻は、古い世界を鋭い近代の眼を通して見た最初の人物デフォーに始まり、産業革命をへて、鉄道時代の終焉をもって全巻の幕を閉じる。



著訳者略歴

G・M・トレヴェリアン
George Macaulay Trevelyan

1876年、政治家にして歴史家のサー・ジョージ・オットー・トレヴェリアンを父として、ストラットフォード・オン・エーヴォンに生れる。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
松浦高嶺
まつうら・たかね

1923年東京に生れる。1948年東京大学文学部西洋史学科卒業。立教大学・フェリス女学院大学名誉教授。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
今井宏
いまい・ひろし

1930年大阪府に生まれる。1958年東京大学大学院博士課程(西洋史学専攻)修了。現在東京女子大学名誉教授。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「イギリス社会史 2」の画像:

イギリス社会史 2

「イギリス社会史 2」の書籍情報:

A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/280頁
定価 4,536円(本体4,200円)
ISBN 4-622-02029-7 C1022
1983年11月10日発行
<ただいま品切です>