「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



近代ドイツ史 1<品切>

DEUTSCHE GESCHICHTE DES 19. UND 20. JAHRHUNDERTS


トーマス・マンを父とする歴史家の19-20世紀ドイツ史。フランス革命からビスマルク体制まで。



著訳者略歴

ゴーロ・マン
Golo Mann

1909年、トーマス・マンの第三子としてミュンヘンに生れる。1932年、ハイデルベルク大学のヤスパースのもとで哲学の教授資格を得る。その頃父一家はナチに追われて亡命を余儀なくされた。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
上原和夫
うえはら・かずお

1917年東京に生れる。1941年東京大学経済学部卒業。1941年より1971年まで朝日新聞社に勤める。駅脊 マダリアーガ『パラと十字架』(1956、みすず書房)ミシェル・ゴルデー『モスクワ行き旅券』(共訳、1954。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「近代ドイツ史 1」の画像:

近代ドイツ史 1

「近代ドイツ史 1」の書籍情報:

A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/344頁
定価 4,400円(本体4,000円)
ISBN 4-622-02033-5 C1022
1973年9月25日発行
<ただいま品切です>