「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



物質文明・経済・資本主義 III-2

世界時間 2<品切>

LE TEMPS DU MONDE

CIVILISATION MATERIELLE ET CAPITALISME XVe-XVIIIe SIECLE, tome3


アナル学派総帥と称されたブローデルが20有余年の歳月を費やし著した大著の完結。歴史的時間を三層構造として捉えるという、著者の独創的な史観からすると、本巻は、第1巻『日常性の構造』、第2巻『交換のはたらき』の上部構造をなす。世界の経済史を意図して書かれた〈資本の伝記〉である。
15-18世紀において、世界は単一の経済世界をなしていたわけではなく、いくつもの経済世界が自立・併存し形成されていた。本巻第一分冊では、ヨーロッパ世界を舞台に諸世界=経済の攻防が描かれる。ヴェネツィアからアンヴェルス、アムステルダム、そしてイギリスへ、経済の重心が大きく動く躍動的な時代が生き生きと映し出される。第二分冊では、ヨーロッパとの対比において、南米、ロシア、トルコ、極東などの経済史があとづけられ、さらに産業革命の定義と、そのあるべき場所に位置づける試みがなされる。15-18世紀の広大な世界を旅しているような、ときに鳥瞰的、ときに現場におりたつ視覚的な叙述は「できるかぎり大幅に歴史に頼ってゆこう」と言う著者の歴史に対する姿勢から生まれた。歴史の全体を総合的に見わたそうとした本書からは、21世紀までも視野におさめた〈資本主義〉の新たな像が浮かび上がる。その意味で、本書は経済史の古典であると同時に、来たる世紀への道標ともいえるだろう。



著訳者略歴

フェルナン・ブローデル
Fernand Braudel

1902年フランスのムーズ県に生れる。1923-32年アルジェリアで官立高等中学校の教員をつとめる。1932-35年パリの官立高等中学校に勤務、このころリュシヤン・フェーヴルに出会い、師事する。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
村上光彦
むらかみ・みつひこ

1929年佐世保に生れる。1953年、東京大学文学部仏文学料卒業。現在成蹊大学名誉教授。著書『大佛次郎―その精神の冒険』(1997)『鎌倉幻想行』(1986、以上朝日新聞社)『パリの誘惑』(1992、講談社)。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「世界時間 2」の画像:

世界時間 2

「世界時間 2」の書籍情報:

菊判 タテ218mm×ヨコ148mm/408頁
定価 8,640円(本体8,000円)
ISBN 4-622-02056-4 C3330
1999年12月10日発行
<ただいま品切です>