「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



精神医学 3

心因性疾患とヒステリー

PSYCHIATRIE

Ein Lehrbuch fur Studierende und Arzte


本書は第8版教科書の第4巻の前半に当たる。ヒステリーの次に位置していたパラノイアの章は西丸先生がすでに訳されて精神分裂病の最後に入っているので省かれている。クレペリンと言えば早発性痴呆と躁鬱病を分けたことが有名で、その蔭に隠れてか、この教科書の心因性精神障害を扱った部分は、取り上げられることが比較的少ないようである。この部分はしかしクレペリンの独創は乏しいにしても当時の精神医学的業績の集大成の観があり、第一次大戦直前に熟し切ったヨーロッパ文明の絶頂を一望に収めることができる。また環境要因に左右される疾患であるだけに当時のドイツ乃至はヨーロッパの世相がありありと透けて見え、別種の興味をもかき立てる。(感応精神病のところに出てくる最後の審判を信じたロシアの宗教団体の話などは、おそらく前回のハレー彗星接近時のものであろう。)近ごろしきりと云々される20世紀末の現代日本との相似は言わずもがなで、精神性疲憊は今日でいう燃えつき症候群あたりに相当しようし、ヒステリーの症例にいわゆる境界例がかなり含まれているようである。「変質」概念は原因論的には無論今日放棄されねばならぬものであるが、爛熟した文明の大衆による享楽がもたらすほぼ一定の帰結として、現象としてはそのようなものが確かに存在するのではなかろうかと思わせる。それはまた精神分析を生んだ土壌であり、クレペリンとフロイトとはやはりテーゼとアンチテーゼとして受けとめるべきであろう。(本書の随所に見られる手厳しいフロイト批判はそうした対立のエネルギーの高まりから生まれたものと解される。)どう考えてもフロイト全集の邦訳があってクレペリンの教科書のそれが今までなかったのは片手落ちである。
更に一方では無論ナチズムに通じた危険な道がまざまざと示されている。当時の医学の発達の限界から、クレペリンにしてどこで如何なる推論の誤りを犯したかを、反面教師として自戒の糧とし、かつての若い経験を繰り返すことを避けるためにも、本書は役立つであろう。こうした種々の意味で意外な新鮮さを覚えるのは私だけであろうか(訳者あとがきから)



著訳者略歴

エーミール・クレペリン
Emil Kraepelin

ドイツのノイシュトレリッツに生まれる。1874年、ヴュルツブルグとライプチヒ大学で医学を学び始め、その後ヴント、グッデンの教えを受ける。1883年『精神医学提要』Compendium der Psychiatrie(384頁)を出版。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
遠藤みどり
えんどう・みどり

1936年生。1961年京都大学医学部卒業。島根医科大学名誉教授。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「心因性疾患とヒステリー」の画像:

心因性疾患とヒステリー

「心因性疾患とヒステリー」の書籍情報:

A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/302頁
定価 7,560円(本体7,000円)
ISBN 4-622-02166-8 C3047
1987年8月1日発行

この本を購入する