「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



精神病理学研究 1

GESAMMELTE SCHRIFTEN ZUR PSYCHOPATHOLOGIE


「これらの論文にはヤスパース自身が精神医学の領域を離れ哲学に去る前の、詳しい症例観察とその記述や分析に基づいた努力がみられる。われわれとしてはこれらの初期論文を吟味・検討することにより、のちの著者の方法論的厳密性の自覚に先立つ、彼の精神医学の学問的構築の素材ともなった研究態度を読みとることができるであろう。」(「訳者あとがき」より)

ドイツの精神医学者、実存主義哲学者の精神医学論文集。『精神病理学総論』へと結実する思考過程を追う。I巻は「懐郷と犯罪」「嫉妬妄想」「知能検査の方法と痴呆の概念」の三論文。全2巻



著訳者略歴

カール・ヤスパース
Karl Jaspers

1883年2月23日、ドイツのオルデンブルクに生れる。ギムナジウム卒業後、3学期間法学の勉強をしたが、自然科学に転向しベルリン、ゲッチンゲン、ハイデルベルクなどで医学を修める。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
藤森英之
ふじもり・ひでゆき

1934年に生れる。1960年信州大学医学部医学科卒業。1963-65年ドイツ学術交流会(DAAD)奨学生、元都立松沢病院副院長。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「精神病理学研究 1」の画像:

精神病理学研究 1

「精神病理学研究 1」の書籍情報:

A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/328頁
定価 6,820円(本体6,200円)
ISBN 4-622-02212-5 C3047
1969年1月25日発行

この本を購入する