「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ロールシャッハ 精神医学研究<品切>

HERMANN RORSCHACH: AUSGEWAHLTE AUFSATZE

ZUSAMMENGESTELLT UND HERAUSGEGEBEN


初めは純粋に遊びのような感じを与える実験――偶然にできた左右対称の、一部は多色のインクのシミを判断させること――が、いかにして「人格」のもっとも隠されている側面を照らし出す巧みな科学的方法にまで仕上げられていったか?

単純な手段で複雑な関連を発見し、新しい問題を開拓することに成功するときほど研究者の創造的天性が明らかになるときはない。ロールシャッハはそのような天性の人であった。最初の本『精神診断学』が公刊されてわずか9ヵ月後、37歳で夭折したその生涯はあまりにも劇的であり、未知の部分が多い。

本書にはロールシャッハを深く敬愛するエレンベルガーによる伝記、妹による思い出を冒頭におき、ロールシャッハの研究論文11篇を主軸とし、ビンスワンガーによる『精神診断学』覚書、編者による(ユング派の立場からの)ロールシャッハの病跡学的解明が収められ、さらにロールシャッハ自身によるロールシャッハ・テストの解釈事例を付している

ロールシャッハの論文は、精神疾患に関する精神分析学的事例研究およぴスイスの一地方の宗派研究が圧巻をなし、時代と風土を背景としたロールシャッハ自身の人間像――実践的な検査法の考案者であるばかりでなく、芸術性ゆたかな人間の本性を深く穿つ思想家、探求者であった彼の面影をくっきりと浮かび上らせている。


目次


第一部 伝記
H・ロールシャッハの生涯と業績……アンリ・エレンベルガー
少年時代のヘルマン……A.ベルヒトルト‐ロールシャッハ

第二部 学問的研究
「反射幻覚」とその類似現象について
失敗した昇華の一例と名前忘却
もうろう状態での馬泥棒
一精神分裂病患者の絵に関する分析的覚書
神経症患者における友人の選択について
一精神分裂病患者の素描の分析
連想実験、自由連想及び催眠を用いての健忘の除去
スイスの宗派と宗祖に関する若干の考察
スイスの宗派形成に関する付加的考察
知覚診断的実験について
H・ロールシャッハの『精神診断学』への覚書……ルードウィッヒ・ビンスワンガー
スイスの二人の宗祖(ビンゲリとウンターネーラー)
十一番目の、あるいはエメラルドの書板(Tabula undecima seu smaragdina)……K.W.バァッシュ
付 ロールシャッハ自身による診断的研究の一例と明暗反応に基づくその補完……エルンスト・シュナイダー

訳者あとがき
注・文献


著訳者略歴

ヘルマン・ロールシャッハ
Hermann Rorschach

スイスの精神科医でロールシャッハ・テストの創案者。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
K・W・バァッシュ
Kenower Weimar Bash

1913年カナダのニューグラスゴーに生れる。1948年チューリッヒ大学で医学博士号を取得。ベルン大学精神科クリニック副所長。著書『(ユング派)分析心理学』『投影法心理検査』『ゲシュタルト心理学』ほか。

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
空井健三
そらい・けんぞう

1931年北海道に生れる。1954年東京大学文学部卒業。現在中京大学文学部教授。臨床心理学・犯罪心理学専攻、医学博士。千葉少年鑑別所、法務省矯正局、法務総合研究所、八王子医療刑務所を経て現職。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
鈴木睦夫
すずき・むつお

1947年京都に生れる。1969年京都大学農学部卒業。1974年京都大学大学院教育学研究科修了。京都大学教育学部助手を経て、現在中京大学文学部助教授。臨床心理学専攻。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「ロールシャッハ 精神医学研究」の画像:

ロールシャッハ 精神医学研究

「ロールシャッハ 精神医学研究」の書籍情報:

A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/280頁
定価 4,730円(本体4,300円)
ISBN 4-622-02236-2 C3047
1986年6月20日発行
<ただいま品切です>