「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



科学と情報理論<品切>

SCIENCE AND INFORMATION THEORY


情報理論は、その確率的な構成を通して数学に基礎をおくと共に、情報とエントロピーの関連を通じて物理学に関係し、その基本概念は新しい生物学の研究にも適用されている。したがって情報理論はその応用を通して広く技術者に必要とされるだけでなく、その基礎理論に対する科学者の関心も高い。本書は、このような情報理論の歴史的な発展過程、現在の立場、将来へのパースペクティブに立って、厳密、コンパクトな基礎理論の平易な叙述から、科学の基礎論、特に物理学の諸間葛を論じているこれらは類書に見られないものである。
本書の構成は三つの部分に大別できる。第一部は通常の情報理論の解説に当てられ、第二部は統計熱力学に相当する部分であり。これらは次の第三部の伏線をなしている。
第三部は本書の最も独創的な部分で、情報と物理学の関係がきわめて多くの興味ある実例と共に述べられている。この第三部こそ本書の主目標であり、学術書としての最大の価値がこの部分にあることはもちろんのことであるが、第一、第二部も、ともに独立に取出しても、初学者に対する情報理論の啓蒙的役割は十分に果している。
著者は、20世紀前半の物理学の世界にその名を冠したいくつかの埋論を残しているすぐれたフランスの物理学者であり、本書は、著者の渡米後IBM、カリフォルニア大学における講義に加筆したものである。



著訳者略歴

レオン・ブリルアン
Leon Brillouin

1889年フランスのセーヴルに生れる。コレージュ・ド・フランス名誉教授。コロンビア大学客員教授などを歴任。1969年歿。著書『科学の不確定性と情報』(東京電機大学出版局、1968)ほか。

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
佐藤洋
さとう・ひろし

1927年仙台に生れる。1951年東京大学理学部物理学科卒業。工学博士。電気通信大学名誉教授。

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「科学と情報理論」の画像:

科学と情報理論

「科学と情報理論」の書籍情報:

A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/376頁
定価 7,452円(本体6,900円)
ISBN 4-622-02458-6 C3041
1969年10月30日発行
<ただいま品切です>