「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



モンテーニュとメランコリー<品切>

MONTAIGNE AND MELANCHOLY

THE WISDOM OF THE ESSAYS


モンテーニュといえば、沈着冷静な哲学の権化として思われがちだが、事実はそうでない。彼が精神の平衡をなしとげ、それによってユマニスムの思想家の中で完璧な模範となっているとしても、もともと彼の気質は当時で言うところの多血質で憂うつ質だった。ということは、『エセー』の成熟もまた、憂うつ気質の攻撃にたいする闘争の成果だったのだ。
本書は、『エセー』の範囲と目的を再吟味して、モンテーニュが自らの憂うつ気質の舵をいかに取って、適切な心理的水路にみちびき、肉体と精神のバランスをもとめつづけ、詩人タッソのような天才にも影響をおよぼした狂気を回避しようとしたか、それを説得的に示してくれる。
「『エセー』評価に新鮮な一ページを開くものだ。熱気にみちた簡明なことば遣いで、若い人びとに語りかける熟年のもの言いで、ひとりの友人が他の友人にひとりの共通の親友のすがたを浮かびあがらせる調子で、書かれている」(マルク・フュマロリ)。
「メランコリアという観念が古代からもっている両義性を、モンテーニュがいかにして自力で解明したか、高感度の探査をおこなっている」(ロイ・ポーター)。



著訳者略歴

マイケル・A・スクリーチ
Michael Andrew Screech

1926年生まれ。1971年から84年まで、ロンドン大学のフランス語フランス文学のフィールデン・プロフェッサー。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
荒木昭太郎
あらき・しようたろう

1930年生まれ。1953年、東京大学文学部フランス文学科卒業。東京大学教養学部教授を経て、現在、東洋英和女学院大学社会科学部教授。専攻はモンテーニュを中心とするフランス・ルネサンス期文学。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「モンテーニュとメランコリー」の画像:

モンテーニュとメランコリー

「モンテーニュとメランコリー」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/376頁
定価 4,730円(本体4,300円)
ISBN 4-622-03076-4 C1010
1996年10月16日発行
<ただいま品切です>