「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



プロポ 2<品切>

PROPOS 2

著者
アラン
訳者
山崎庸一郎

二枚の便箋に、修正なしで一気呵成にプロポは書かれる。新聞への寄稿を皮切りに、アランのプロポは発表の場を変えながら、およそ30年にわたって書きつづけられた。

その長い年月には、ヨーロッパ全土をまきこんだ世界大戦があり、ベルクソンやフロイト、アインシュタインらによって新しい知の地平がひらかれた。こうした時代の状況や思潮に相対しながらも、それに隷従し埋没することなく自身の思考の運動を見つめつづけたのがアランだった。抜粋、要約、解説、紹介の類をしりぞけ、説明しすぎることを嫌い、読者の精神を目覚めさせるためには、あえて逆説を弄し文章に晦渋さを組み入れることも辞さない――その思考の軌跡は、真の思考の在り方へと読む者を導く。1925-1936の130篇を収録。



著訳者略歴

アラン
Alain

本名Emile Auguste Chartier。1868年ノルマンディーに生れ、ミシュレのリセ時代に哲学者J.ラニョーの講義を通して、スピノザ、プラトン、デカルト、カント、ヘーゲル等を学ぶ。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
山崎庸一郎
やまさき・よういちろう

1929年生。1953年東京大学文学部仏文科卒業。2000年3月まで学習院大学文学部教授。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「プロポ 2」の画像:

プロポ 2

「プロポ 2」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/488頁
定価 5,280円(本体4,800円)
ISBN 4-622-03087-X C1010
2003年6月10日発行
<ただいま品切です>