「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



メルロ=ポンティ・コレクション 3

幼児の対人関係<品切>

COLLECTION MERLEAU-PONTY

3


[メルロ=ポンティ・コレクション(全7巻) 木田元編]
1949年から1952年まで、メルロ=ポンティはソルボンヌの「心理学科および教育〉学」担当の教授として在任、その三学年間に九つの講義をおこなった。表題作は1950-51年度の講義録であり、いわゆる「三歳の危機」「エディプス的発達段階」以前にさかのぼって、ワロン、ケーラー、クライン、さらにはラカンの「鏡像段階」論文など同時代の児童心理学や精神分析の最新成果をふまえ、幼児における身体意識と他者の知覚の発達過程が精緻に分析されている。個体としての自我をひとつの均衡状態とし、相互主観性という哲学的アポリアを身体的レベルで――のちの「間身体性」を予感させつつ――具体的に切り開いていくさまは、今日においても十分説得的であり、メルロ=ポンティの全著書・論文のなかでも代表作のひとつといえる。

そのほか「表現と幼児のデッサン」「映画と新しい心理学」「人間と逆行性」「他者の知覚と対話」「モースからクロード・レヴィ=ストロースへ」を収録――近隣の社会学関連を含めた心理学論集全6編。



著訳者略歴

モーリス・メルロ=ポンティ
Maurice Merleau-Ponty

1908年フランスに生まれる。1926年エコール・ノルマル・シュペリュール入学。在学中サルトル、ボーヴォワール、レヴィ=ストロースらと知り合う。1930年哲学教授資格試験に合格。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
木田元
きだ・げん

1928年生まれ。1953年東北大学文学部卒業。中央大学名誉教授。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
滝浦静雄
たきうら・しずお

1927年生まれ。1951年東北大学文学部卒業。東北大学名誉教授。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「幼児の対人関係」の画像:

幼児の対人関係

「幼児の対人関係」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/288頁
定価 3,024円(本体2,800円)
ISBN 4-622-03093-4 C1310
2001年9月20日発行
<ただいま品切です>