「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



メルロ=ポンティ・コレクション 7

政治と弁証法

COLLECTION MERLEAU-PONTY

7


[メルロ=ポンティ・コレクション(全7巻) 木田元編]
〈「創造的否定の、破壊‐現実化の、試行ないし試練」であり、「多くの理論的・実践的企てを鼓吹しつづけ、成功にせよ失敗にせよ、あれほど多くの実験を可能にした実験室」となってきたマルクス主義。20世紀半ば、晩年のメルロ=ポンティが試みたのは、その世界史的経験を「政治哲学の領域において標定する」ことだった。

「哲学は歴史の召使いでもなく、主人でもない。……文字どおり、距離を隔てた働きかけ〔遠隔作用〕であり、両者はそれぞれの差異を土台にして、混合と混淆とを求めている。われわれはこの相互の蚕食作用の上手な利用法を、とりわけ一つの哲学をさらに学ばなければならないのである」。
「人びとがすでに考えつくしたと思い、それも十分に考えつくしたと思っていたすべてのもの――自由と権力、権力に対抗する市民、市民の英雄精神、自由主義的ヒューマニズム、形式的民主主義とこれを廃棄し現実化する実質的民主主義、革命的英雄精神と革命的ヒューマニズム――これらすべてが崩壊しつつある」。
「われわれはおそらく、歴史がもっと先に進む、あの数々の瞬間の一つに居合わせているのである。国内のさまざまな出来事や、対外政治のけたたましい事件によって、われわれの耳はつんざかれている。だが騒音の下に、一つの沈黙が、一つの期待が形づくられていく。なぜそれが、希望でないことがあろうか?」。

本書は「マルクス主義と哲学」「悟性の危機」「『西欧』マルクス主義」「『プラウダ』」「行動としての弁証法」「哲学的回想」を収録。同時代と真摯に向き合った「共存の思想家」面目躍如たる歴史・政治哲学論集である。コレクション全7巻完結。



著訳者略歴

モーリス・メルロ=ポンティ
Maurice Merleau-Ponty

1908年フランスに生まれる。1926年エコール・ノルマル・シュペリュール入学。在学中サルトル、ボーヴォワール、レヴィ=ストロースらと知り合う。1930年哲学教授資格試験に合格。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
海老坂武
えびさか・たけし

1934年生まれ。東京大学大学院博士課程修了。仏文学専攻。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
木田元
きだ・げん

1928年生まれ。東北大学文学部卒業。中央大学名誉教授。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「政治と弁証法」の画像:

政治と弁証法

「政治と弁証法」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/296頁
定価 3,456円(本体3,200円)
ISBN 4-622-03097-7 C1310
2002年10月25日発行

この本を購入する