「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



濱口雄幸 日記・随感録<品切>


昭和3-6年、財政再建とロンドン軍縮条約に身命を賭けた宰相の日記。遺著『随感録』を併収。



著訳者略歴

濱口雄幸
はまぐち・おさち

1870年高知県に生れる。1895年帝国大学卒業、大蔵省に入省。税務畑を経て1907年専売局長官。1912年第三次桂内閣逓信次官となる。翌年、内閣総辞職後、立憲同志会に参加。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
池井優
いけい・まさる

1935年東京に生れる、1959年慶應義塾大学法学部卒業。現在慶應義塾大学名誉教授。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
波多野勝
はたの・まさる

1953年岐阜に生れる、1982年慶應義塾大学大学院法学研究科博士課程修了。法学博土。現在常磐大学教授。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
黒沢文貴
くろさわ・ふみたか

1953年東京に生れる、1984年上智大学大学院文学研究科博士後期課程修了。現在東京女子大学教授。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「濱口雄幸 日記・随感録」の画像:

濱口雄幸 日記・随感録

「濱口雄幸 日記・随感録」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/648頁
定価 6,480円(本体6,000円)
ISBN 4-622-03349-6 C1021
1991年4月12日発行
<ただいま品切です>