「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ドイツ人<品切>

THE GERMANS


かつて、フランスのスタール夫人はドイツを「ヨーロッパの心臓」と表現した。ドイツ人は、つねに欧州大陸の命運を握りながら、しかし一貫して自分たちのアイデンティティーを捜し求めている。この民族のルーツは複雑で、歴史に登場するその顔はほとんど変幻自在であった。
本書は、ドイツ人の重層的な像を、いくつかの角度から、ウィットに富んだ物語ふうに描きこむ――ヒトラーと新しい世代、ドイツ・マルク、宗教改革の複雑な影響、ユダヤ人問題、女性の地位の一進一退、教授と学生、ドイツ的ロマン主義とは何か、文学、軍隊、シュプレー河畔のアテネと呼ばれた街ベルリンの危機、民主主義とナショナリズムのゆくえ、そして“ぞっとする”ドイツ語。
著者は現代アメリカにおけるドイツ史の第一人者である。そして本書は、何冊かの大著をものした後にはじめて執筆された。ドイツの見過ごされがちな生活文化の実際を、政治、歴史、文学の豊富な知識をとおしてきめ細かく理解し、その洞察を〈変化と連続性〉という視点からまとめている。さらに日本語版には、80年代の激動をどう考えるかについて、新しい一章が書き加えられた。
ドイツ本国でも好評を博し、ロングセラーを続ける傑作である。われわれのドイツ人理解を新たに深める一冊になるだろう。



著訳者略歴

ゴードン・A・クレイグ
Gordon A. Craig

1913年グラスゴウ(スコットランド)に生まれる。1925年渡米。1941年プリンストン大学で博士号取得。同大学教授(1951-1961)、1961年以降スタンフォード大学教授。1962年以降ベルリン自由大学名誉教授。歴史学専攻。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
真鍋俊二
まなべ・しゅんじ

1945年徳島県に生まれる。京都大学卒、関西大学教授。ミュンヘン現代史研究所、スタンフォード・フーヴァ一研究所で訪問研究(1984-1986)。外交史・国際政治学専攻。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「ドイツ人」の画像:

ドイツ人

「ドイツ人」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/624頁
定価 7,236円(本体6,700円)
ISBN 4-622-03351-8 C1022
1993年5月31日発行
<ただいま品切です>