「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ドイツの青春 1<品切>

ERINNERUNGEN UND GEDANKEN

Eine Jugend in Deutschland


トーマス・マンの第3子として生まれ、『近代ドイツ史』(小社刊)で知られる歴史家の自伝的回想である。1909年に誕生した著者の幼児期から、第1次世界大戦、ヴァイマル共和制を経て、1933年のヒトラーの政権掌握の時代までをいきいきと語る。歴史家の客観的判断と、子供の眼から見た主観的把握が織り合わされて、たぐい稀な作品となった。
「われわれは、ほとんどいつでも静かにしていなければならなかった。騒いで仕事の邪魔をすると、父の落とす雷は恐ろしかった。」本書はマン家の人々――父トーマス、母カチア、才気煥発な姉エーリカ・兄クラウス、弟妹たち――と、伯父ハインルヒなどの親族を抑制された筆致で描き、『魔の山』を創出する重要な契機も明らかにされる。
幼き日、祖母の読むディケンズ『二都物語』に耳を傾け、十歳のときシラーの『三十年戦争史』を読む。そして両親からの独立の過程で経験することども――ボーイスカウト活動、ザーレム校の寄宿学寮生活、ミュンヘンでの大学生活の開始、ベルリンでのリカルダ・フーフとの親交、炭坑労働……。なかでも寄宿学寮長クルト・ハーンとの出会いは、著者の生き方に永続的な影響を与えることになる。
本書は稀有な魂の成長の記録といえよう。


目次


1 序幕
2 戦争
3 泣く、笑う
4 読む
5 恐れ
6 死、初めてのとき
7 脱出の試み
8 ザーレム
9 ドイツでの学生時代
10 汎ヨーロッパ運動
11 ベルリン
12 もう一つの体験
訳者あとがき


著訳者略歴

ゴーロ・マン
Golo Mann

1909年、トーマス・マンの第三子としてミュンヘンに生れる。クルト・ハーンのザーレム校卒業後、ミュンヘン大学、ベルリン大学を経て、ハイデルベルク大学のカール・ヤスパースのもとで学び、1932年哲学で博士号取得。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
林部圭一
はやしべ・けいいち

1940年東京に生れる。1964年東京大学教養学部教養学科イギリス分科卒業。1967年東京大学大学院独語独文学修士課程修了。現在 獨協大学教授。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
岩切千代子
いわきり・ちよこ

1946年千葉県に生れる。1969年東京大学文学部卒業。1982年東京大学大学院独語独文学修士課程修了。

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
岩切正介
いわきり・まさあき

1940年朝鮮に生れる。1962年東京大学法学部卒業。1966年東京大学大学院独語独文学修士課程修了。ウィーン大学留学。現在 横浜国立大学教授。独文学、無意識の発見、カフェなどに関する論文がある。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「ドイツの青春 1」の画像:

ドイツの青春 1

「ドイツの青春 1」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/312頁
定価 3,630円(本体3,300円)
ISBN 4-622-03360-7 C1022
1993年12月24日発行
<ただいま品切です>