「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



近代ギリシァ史<品切>

MODERN GREECE

A SHORT HISTORY


〈ギリシァ〉といえば、まず輝かしい古典文明が想起される。その後の時代、つまりマケドニア人、続いてローマ人に征服され、そしてトルコ人の支配するところとなってからのギリシァは、ほとんど知られていないといっていいだろう。

本書は、この空白を埋めるたぐいない通史で、東ローマ帝国の首都コンスタンティノポリスの定礎(324年)から現代(1990年)まで、1600年あまりの歴史を一挙に展望するものである。

ここにいう〈近代ギリシァ〉とは、1832年に初めて統一国家を築いてからの時代を指す。独立までの民族史的背景を明らかにする数章に続く、この「ギリシァ王国」成立以後の記述が本書の核心である。そこでは、西欧列強の利害対立のはざまに翻弄され、さらにナチス・ドイツの占領、内戦、クーデタ、独裁などの歴史の局面が、まことに手際よく整理されて示される。

巻末に訳者による年表・地図を補い、歴史地理的に全体像を把握する便をはかった。

バルカン諸国も含めた現在の状況を理解するために、きわめて役立つ一冊である。



著訳者略歴

クリストファー・モンタギュー・ウッドハウス
Christopher Montague Woodhouse

1917年イギリスに生まれる。オクスフォード大学ニューカレッジ卒業、第二次世界大戦中ギリシァで軍務に服し、戦後は在ギリシァ・イギリス大使館に勤務する。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
西村六郎
にしむら・ろくろう

1931年東京に生まれる。1955年東京大学教養学科フランス科卒業。1957年同大学法学部卒業。日本航空株式会社に勤務。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「近代ギリシァ史」の画像:

近代ギリシァ史

「近代ギリシァ史」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/544頁
定価 7,150円(本体6,500円)
ISBN 4-622-03374-7 C1022
1997年8月19日発行
<ただいま品切です>