「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



スタジアムの神と悪魔<品切>

サッカー外伝

EL FUTBOL A SOL Y SOMBRA


ある日、風の女神が男の足に接吻する――ラテンアメリカ直送、奇跡の空間に捧げる151話。

教会のない村はあっても、サッカー場のないところはない。
試合のない日曜には、退屈のあまり死人が出ても、不思議はない。
そんなラテンアメリカで生まれた、極上のサッカー・エッセイ。
ワールドカップの歴史=20世紀世界史をひもときつつ、彼女(ボール)と天才たちが交わすささやきに耳を澄まし、多国籍企業の暗躍に溜め息をつく。

人は今日もスタジアムに集う。
そこで出会う至福、不滅の一瞬を信じて。



著訳者略歴

エドゥアルド・ガレアーノ
Eduardo Galeano

1940年ウルグアイのモンテビデオ生まれ。早くからジャーナリストとして活躍するが、1973年の軍事クーデタによりアルゼンチン、スペインへ亡命。1985年帰国。ラテンアメリカと世界の現実を鋭く切り取る発言で知られる。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
飯島みどり
いいじま・みどり

1960年東京生まれ。東京大学教養学科卒、岐阜大学教養部を経て、現在立教大学教員。ラテンアメリカ近現代史およびイベリア―アフリカ関係史専攻。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「スタジアムの神と悪魔」の画像:

スタジアムの神と悪魔

「スタジアムの神と悪魔」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/312頁
定価 2,376円(本体2,200円)
ISBN 4-622-03380-1 C0075
1998年4月24日発行
<ただいま品切です>