「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



トルコ近現代史

イスラム国家から国民国家へ

著者
新井政美

イスラムの守護者として常にキリスト教世界と対峙し、東地中海に君臨した栄光のオスマン帝国。その実体は、多くの異教徒を抱え込みながら緩やかな統合を実現する「イスラム国家」だった。
本書が描くのは、その帝国が西洋との絶えざる交渉の中で、中央集権的な「国民国家」への変身を志し、もがき苦しみつつそれを果たしていく過程であり、また、多大の犠牲を払ってたどり着いた「国民国家」が決して終着点ではなかったことに気づき懊悩する姿である。近代トルコの味わった興奮と痛みは、おそらくその一国のみの経験ではあるまい。
イスラム世界に関心を抱く読者にとって、本書は絶好の水先案内となるだろう。内外における最新の研究を見据えて書き下ろした、気迫あふれる通史である。


目次


序章 カルロヴィッツ
第1章 前提――18世紀のオスマン帝国
第2章 改革への序章――セリム3世と「新体制」
第3章 中央集権化への道――マフムート2世の時代
第4章 タンズィマートの時代(1839~1876年)
第5章 立憲政と専制政治(1876~1908年)
第6章 第二次立憲政の時代(1908~1918年)
第7章 独立戦争の展開とトルコ共和国の成立(1918~1923年)
第8章 一党支配の時代(1923~1945年)
第9章 複数政党制への移行(1945年~1950年)
第10章 民主党の時代(1950年~1960年)
第11章 第二共和制の時代(1960年~1980年)
終章 第三共和政――21世紀を迎えるトルコ


あとがき
参照文献一覧
索引


著訳者略歴

新井政美
あらい・まさみ

1953年、東京に生まれる。1976年、東京大学文学部東洋史学科卒業。1984年、同大学院東洋史専攻博士課程修了。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「トルコ近現代史」の画像:

トルコ近現代史

「トルコ近現代史」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/368頁
定価 4,860円(本体4,500円)
ISBN 4-622-03388-7 C1022
2001年4月18日発行

この本を購入する