「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



学校は工場ではない<品切>

ANGST MACHT KRUMM

ERZIEHEN ODER ZAHNRADCHEN-SCHREIFENN


本書に先立つ『むずかしい時期の子供たち』において、イェッゲは補助学校での体験をもとに、学習障害児の問題にとりくみ説得力のある提案を行なっていた。

その後、イェッゲが住むスイスのチューリヒ州では、教育実験として四校の「小グループ制学校」が開設され、そのうちの一校を彼が受け持つことになった。

教え子たちはそれぞれに心の病を抱えている。家庭内の虐待、麻薬、性的暴力によって、他人を信じることも集団に加わることも困難になっている。その子たちが生きて行くためには、教師が信頼されること、その関係の上に立って後押しをしてやることだけが残された道なのだ。草花に水をやり、風雨から守り、育てるように。

この本には教え子たちの手記や手紙が引用されている。そこで訴えられることに真摯な対応をしながら、イェッゲは自らも現代社会の「産業的原則」から解き放たれるのを感じてゆく。ラディカルな画一教育批判であり、自由への希望表明である。



著訳者略歴

ユルク・イェッゲ
Jurg Jegge

スイス・チューリッヒ州の小グループ別学校教師。著書に「愚鈍は習得される」(Dummheit ist lerbar,1976)、「論文・講演集」(Nachdruck.Reden aufsatze usw.Zytglogge,1980)他がある。

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
小川真一
おがわ・しんいち

1919年長野県に生れる。1941年東京外国語学校ドイツ語部文学科卒業、翻訳家。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「学校は工場ではない」の画像:

学校は工場ではない

「学校は工場ではない」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/240頁
定価 2,916円(本体2,700円)
ISBN 4-622-03643-6 C0037
1991年4月23日発行
<ただいま品切です>