「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



歴史のつづれおり<品切>

著者
井出孫六

著者の眼は、歴史の裏通りを生きた人々へと注がれ、著者の足は、歴史の片隅に忘れられた土地へと向けられる。その眼差しの先にいるのは、津和野藩主の嗣子で、清戦役のカメラマンとして従軍し夭折した亀井茲明であったり、近代彫刻を切り開いた北村四海の父、信州鬼無里村の名工・喜代松であったりする。また旅の行き先は、柳田国男が「日本一小さい家」として描いた生家、播州福崎町辻川の家であったり、シンガポールの日本人墓地で、南溟に果てたカラユキさんたちとともに眠る二葉亭四迷の墓であったりする。こうした珠玉の挿話で綴られた「歴史のタピスリー」からは、どんな鮮かな文様が浮かび上がってくるであろうか。
著者は、平成の世になってのこの1O年、毎週1回、新聞のコラムを書き続けてきた。本書は、そのなかから選び抜かれた122篇より成るが、その多くは歴史と旅にかかわるものであった。「21世紀に向けて時代が激しく変わろうとしているとき、歴史に指標を見いだしたいという気持ちが強く働いた結果にちがいない。」(あとがきより)



著訳者略歴

井出孫六
いで・まごろく

1931年(昭和6年)長野県南佐久に生まれる。55年東京大学文学部仏文科を卒業し、都内中学、高校で教職につき、58年中央公論社に入社、雑誌編集にたずさわる。69年に退社。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「歴史のつづれおり」の画像:

歴史のつづれおり

「歴史のつづれおり」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/256頁
定価 2,640円(本体2,400円)
ISBN 4-622-03669-X C1036
1999年4月23日発行
<ただいま品切です>