「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



解釈人類学と反=反相対主義

THE POLITICS OF CULTURE

ASIAN IDENTITIES IN A SPLINTED WORLD AND OTHER ESSAYS


「何より重要なのは、他の人々の生を私たちは私たち自身が磨いたレンズで見るし、彼らは私たちの生を彼らのレンズで見るということをはじめて主張したのが、人類学だということです」『ヌガラ』や『ローカル・ノレッジ』などで知られるアメリカの人類学者として、ギアツは文化相対主義を批判すると同時に、反相対主義も批判する。それは、文化性を越えるところに道徳性を位置づけ、文化性も道徳性もさらに越えるところに知性を位置づけることによってのみ、相対主義的アプローチを退けられると思い込んでいるからである、と。ギアツの立場は、反=反相対主義である。

本書は、日本での3回の講演も含め、アメリカを代表する知性の日本語版オリジナルの論集である。みずからの思想遍歴を語り、初期のインドネシアでのフィールドワークの実状を説明し、自分の立場を鮮明にしつつ、現代世界を論じた本書は、著者のエッセンスであるとともに、難解で知られるギアツ思想への最良の入門書にもなっている。


目次


はじめに
第 I 部 遍歴
第1章 アジア研究と私――福岡アジア文化賞受賞記念講演
第2章 遍歴の回想
第 II 部 多様性
第3章 文化の政治学――分解する世界とアジアのアイデンティティ
第4章 反=反相対主義――米国人類学会特別講演
第 III 部 経済と文化
第5章 バザール経済――農民市場における情報と探索
第6章 一九世紀バリの交易拠点
第7章 インドネシアの二共同体の社会変化と経済発展――事例研究
第8章 文化と社会変化――インドネシアの事例
第 IV 部 展望
第9章 言われつづけてきたこと――反=反相対主義と還元論(小泉潤二)

注釈
おわりに
引用文献
人名索引


著訳者略歴

クリフォード・ギアツ
Clifford Geertz

1926年米国サンフランシスコ生まれ。アンティオク・カレッジで哲学の学士号(A.B., Antioch College, 1950)、ハーバード大学社会関係学研究科で人類学博士号を取得(Ph.D., Harvard University, 1956)。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
小泉潤二
こいずみ・じゅんじ

1948年東京生まれ。1973年東京大学教養学部教養学科卒業、1975年に東京大学大学院社会学研究科博士課程に進学後、スタンフォード大学に留学、人類学博士号を取得(Ph.D., Stanford University, 1981)。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

書評情報

鷲田清一<2016年8月19日:朝日新聞「折々のことば」>

この本の関連書


「解釈人類学と反=反相対主義」の画像:

解釈人類学と反=反相対主義

「解釈人類学と反=反相対主義」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/288頁
定価 3,780円(本体3,500円)
ISBN 4-622-03682-7 C1039
2002年6月3日発行

この本を購入する