「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



法学・哲学論集


主著『法の概念』で知られ、現代法理学の代表とされるハートは、法哲学・法解釈学を中心に、広く哲学・倫理学・社会哲学の分野にまで大きな影響を及ぼしている。本書は、彼がこの30年間に発表してきた論文の集成である。
若い頃より分析哲学に親しみ、『言語と行為』のオースティンや『心の概念』で名高いライル、ストローソンらと交流のあったハートは、言語哲学と法の問題を関連づけて考究することによって、現代法学に新しい出発点を画した。しかもオックスフォードの法理学教授就任以来の彼の生活は、学問的論争の連続であったとも言える。どこまで道徳を法によって強制することが適切であろうかどうかをめぐっての貴族院裁判官デブリン卿との論争、法の特質をルールであるというところに求めるのが妥当か否かについてのアメリカのリアリストやドゥオーキンとの論争、自由主義の伝統に立つ功利主義がどこまで擁護できるかに関するノージックとの論議など、枚挙にいとまがない。そうしたハートの広い射程と、問題に取り組む緻密でダイナミックな思考過程が鮮明に示されている。イェーリング、ケルゼンから『正義論』のロールズまで、20世紀法思想を展望した刺激的な論集である。


目次


法理学における定義と学説
実証主義と法・道徳分離論
アメリカ法理学
スカンジナビア法理学
自己言及法
功利主義と自然権
効用と権利の間
自由とその優先性についてのロールズの考え方
社会的連帯と道徳の強制
イェーリングの概念の天国と理代分析法理学
ケルゼン訪問


著訳者略歴

H・L・A・ハート
Herbert Lionel Adolphus Hart

1907年イギリスに生れる。29年オクスフォード大学卒業。32年弁護士となる。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
矢崎光圀
やざき・みつくに

1923年山梨県に生れる。1947年東京大学法学部卒。大阪大学名誉教授、元・成城大学法学部教授。専攻、法哲学、法思想史。2004年歿。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
松浦好治
まつうら・よしはる

1948年富山県に生まれる。1971年大阪大学法学部卒。中京大学法学部講師、助教授、大阪大学助教授、教授を経て、現在、名古屋大学大学院法学研究科教授。専攻、法哲学、法思想史、法情報学。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「法学・哲学論集」の画像:

法学・哲学論集

「法学・哲学論集」の書籍情報:

A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/472頁
定価 6,600円(本体6,000円)
ISBN 4-622-03785-8 C3032
1990年11月6日発行

この本を購入する