「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



W氏との対話

フロイトの一患者の生涯

GESPRAECHE MIT DEM WOLFSMANN


「私は最も有名な症例なのです。だからこういう人間は最後の息を引き取るまで見守らねばならないのです」

1910年、ウィーンのフロイトの許に、一人のロシア人青年貴族が訪れた。彼の治療は4年に及ぶ。最も重要だとフロイトが考えたのは、患者が幼年時代にみた不安夢で、夢の中では6、7匹の白い狼がある役割を演じていた。そこでフロイトは、この患者を「狼男」と名づけた。

アンナ・O、ドラ、ねずみ男、小さなハンス、シュレーバー……フロイトの有名な症例の中でも「ある幼児期神経症の病歴より」または「症例狼男」は、精神分析史に燦然と輝く成功例として知られてきた。

1972年、著者はウィーンの一角に住む85歳の「狼男」に出会い、92歳のその死まで、インタビューを繰り返した。ロシアでの子供時代の日々、フロイトとの治療の詳細、保険外交員の生活、「自伝」の出版や金銭的な援助をはじめ、フロイト派がこの特別の患者を抱え込んできたこと、そして彼を終生悩ませつづけてきた女性と金銭の問題。果たして「狼男」は治癒していたのか。フロイトや弟子たちの診断は正しかったのだろうか。20世紀精神分析史の光と陰を象徴する貴重な書である。



著訳者略歴

カリン・オプホルツァー
Karin Obholzer

1943年ウィーン生まれ。ウィーン大学で哲学と心理学を学んだのち、1970年にDie Problematik der Boeseで学位取得。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
馬場謙一
ばば・けんいち

1934年新潟県生まれ。1958年東京大学文学部独文科卒業。1962年慶應義塾大学医学部卒業。斎藤病院勤務や群馬大学、横浜国立大学をへて、現在放送大学教授。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
高砂美樹
たかすな・みき

1962年茨城県生まれ。1991年筑波大学心理学研究科修了。学術博士。現在東京国際大学人間社会学部教授。心理学史・神経科学史専攻。

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「W氏との対話」の画像:

W氏との対話

「W氏との対話」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/296頁
定価 3,960円(本体3,600円)
ISBN 4-622-03969-9 C3047
2001年9月20日発行

この本を購入する