みすず書房

逆転移 2

分裂病精神療法論集

COUNTERTRANSFERENCE AND RELATED SUBJECTS

判型 A5判 タテ210mm×ヨコ148mm
頁数 248頁
定価 5,830円 (本体:5,300円)
ISBN 978-4-622-04086-6
Cコード C3047
発行日 1995年6月30日
備考 在庫僅少
オンラインで購入
逆転移 2

今日の精神医学の最大の課題の一つは、《慢性》分裂病の問題である。サールズはその精神療法の最も信頼できる権威の一人として、おそらく世界で最も広く読まれるにいたった。
彼の論集は、何よりも〈逆転移〉、すなわち、患者に対して、意識するにせよ無意識にせよ、治療者の側に生じる態度と感情に注目する。治療者はこの自らの心理的反応が、それがいかに個人的なものと見えようと、患者の生活史にきわめて重要であることを常に認める謙虚さを必要とする。それは治療要因としてとして不可欠ですらある、とサールズは主張する。
このすぐれて臨床的な論集には、また実に多くの先駆的・理論的観念が紹介されている。ことに第2巻では、なかでも独創的な〈治療的共生〉の観念が扱われている。分析家と嵐のごとき治療関係にある患者たち——境界例、分裂病、ナルシズム、重度の神経症のさまざまの精神力動が示される。それは、精神分析および精神医学の原理論への大いなる寄与であるとともに、分析と治療の実際に携わる人々へのアドヴァイスとしてきわめて有用であろう。

目次

1 エディス・ジェイコブソンの「自己と対象世界」における同一性の発達
2 同一性の発達について
3 病的共生と自閉
4 自閉と治療的共生への移行段階
5 治療的共生について——共生的治療者としての患者・両価的共生段階・そして断片化した自我における嫉妬の役割
6 過渡的現象と治療的共生
7 無意識的幻想の特徴
8 環境の危機における無意識的過程

訳者あとがき