「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



デュシャン/大ガラス<品切>

奈良原一高写真集


フィラデルフィア美術館所蔵のマルセル・デュシャンの大ガラス作品「彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁、さえも」を特別許可のもとに撮影した奈良原一高のカラー写真55点を初めて発表するオリジナル作品集。1973年、ニューヨークに住んでいた奈良原のもとを訪れた瀧口修造は、最後のデュシャン論のための写真を自由に撮って欲しいと依頼、写真家は、この作品を「一枚の割れたガラス」と思って、対決するように撮影した。瀧口は書き上げられぬままこの世を去り、メモだけが葉書の木箱に残された。
十余年を経て実現された本書は、その写真群、亡き二人に捧げる奈良原のテキスト、「シガー・ボックス」に納められた全メモの原寸複製から成る画期的な美術書である。デュシャンに捧げる写真集。

僕にとって、それは「光のガラス、時間のガラス」でした。絶えずカラー・メーターを片手に、そのときの光の性質に応じて様々に色温度を調節するフィルター・ワークに終始しました。閉じこめられた物質の内蔵的な真チュールや色をダイレクトに取り出すために、すべてはそこに流れる時間に身を任せたのです。(奈良原一高)



著訳者略歴

奈良原一高
ならはら・いっこう

1931年生まれ。56年「人間の土地」個展、58年「王国」個展により注目を集める。早稲田大学大学院美術史修士課程修了。62~65年パリを中心にヨーロッパに滞在。70~74年ニューヨークに滞在。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「デュシャン/大ガラス」の画像:

デュシャン/大ガラス

「デュシャン/大ガラス」の書籍情報:

B4変型判 タテ364mm×ヨコ257mm/162頁
定価 19,440円(本体18,000円)
ISBN 4-622-04242-8 C0072
1992年10月28日発行
<ただいま品切です>