「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



岡本太郎の本 3

神秘日本

著者
岡本太郎

〈はじめ、私は「日本人」であるよりも「世界人」であればよいのではないかと考えた。青春の十年以上もパリで住み、世界のあらゆる文化圏に通ずる場所で、世界人になろうと努力し、実践した。ところが、世界を見る場合、逆に自分の眼を凝視しなければならなくなる。それは当然、自分を生育し、形成した特殊な諸要素につながる。私は明らかに日本人であったのだ。日本人としての存在を徹底してつかまないかぎり、世界を正しく見渡すことはできない。〉
ナショナリズム、民族主義といった観点を離れて、世界に対しての存在感としての己を見つめるべく岡本太郎は行脚する。

〈それは見えない記号でありながら、また生活的には、形となったり色となって表現される。こういう無言の地点から、民族の文化、芸術を理解したい。〉
日本の心性の原風景を探るべく全国を巡り歩く岡本太郎の壮大なフィールド・ワークは、『忘れられた日本/沖縄文化論』(毎日出版文化賞)『神秘日本』に結実する。



著訳者略歴

岡本太郎
おかもと・たろう

1911年、岡本一平・かの子の子として東京に生まれる。1929年、東京美術学校に入学、父母の渡欧に同行、1930年パリに。1932年、アプストラクシオン・クレアシオン協会会員(37年脱退)。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「神秘日本」の画像:

神秘日本

「神秘日本」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/304頁
定価 3,240円(本体3,000円)
ISBN 4-622-04258-4 C1370
1999年4月9日発行

この本を購入する