「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



コレクション瀧口修造 2

16の横顔/画家の沈黙の部分<品切>


本巻には瀧口修造にとって親しかった現代の芸術家の人間と作品をめぐる文章を集めた。

第I部に収めた単行本『16の横顔』の初版あとがきに瀧口は書いている。「第二大戦が終わって間もなく、ながいあいだ眼と耳を奪われていた私たちがふたたび世界の美術の動きにいきいきとした関心をもちはじめた頃から、もとめられて書いた作家の横顔を十六人だけあつめてみたのである」。ボナール、モンドリアン、ムーア、アルプなどの新しい動きがいち早く伝えられたが、思えば瀧口はピカソ、ミロ、レジェについて実に精確な紹介者であった。

その批評行為は、やがて微妙な変化を遂げ、名著『画家の沈黙の部分』に到る。クレーやルドンを巡りながら「固定されがちな芸術に対する観念の自由を確保する」ために対象へ深く浸透し、親密に語りかけるようになった。その道すじと、戦後日本の美術批評の展開を、第III部に初めて収録されたさまざまな作家を語った時評群が示している。

■月報 辻井喬・池田龍雄・宮城輝夫



著訳者略歴

瀧口修造
たきぐち・しゅうぞう

1903年富山県に生まれる。1923年慶應義塾大学予科に入学。1926年富永太郎・堀辰雄らの同人誌「山繭」に参加。ランボー、ブルトンから新たな啓示を受け、西脇順三郎教授の教えを受ける。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
大岡信
おおおか・まこと
武満徹
たけみつ・とおる
鶴岡善久
つるおか・よしひさ
東野芳明
とうの・よしあき
巖谷國士
いわや・くにお

この本の関連書


「16の横顔/画家の沈黙の部分」の画像:

16の横顔/画家の沈黙の部分

「16の横顔/画家の沈黙の部分」の書籍情報:

A5変型判 タテ200mm×ヨコ148mm/456頁
定価 5,724円(本体5,300円)
ISBN 4-622-04392-0 C1370
1991年7月31日発行
<ただいま品切です>