みすず書房

戦前・戦中篇 III

コレクション瀧口修造 13

1939-1944

判型 A5変型判 タテ200mm×ヨコ148mm
頁数 800頁
定価 14,300円 (本体:13,000円)
ISBN 978-4-622-04403-1
Cコード C1370
発行日 1995年6月30日
備考 現在品切
オンラインで購入
戦前・戦中篇 III

本巻には、1939年から1944年にいたる瀧口修造の詩、評論、翻訳、座談記録などを可能なかぎり収めた。多くはここに初めて単行されるものである。のちに瀧口はこう回想している。「当時の私にしても、芸術運動としては画壇の一角から起こりうる可能性を強く感じていたし、事実、太平洋戦争の前夜にかけての数年間、若い画家たちの動きは活発をきわめた。……時代はつるべ落としに暗さを増し、発言の機会は抑えられつつあった。若者たちは相ついで招集され、その多くは帰ってこなかった。……「ホアン・ミロ」を書き、「シュルレアリスム十年の記」を書いた翌年の1941年の春まだ寒いころ、私は検挙されるにいたる。」
時代の制約を受けながらも、近代芸術の原理の追究と、同時代作家の表現行為についての真摯な批評を怠らなかった一批評家の軌跡は、今日の目からみてなお新鮮であり、今後の研究に寄与するものがあろう。図版多数。
月報 小沢節子・金子隆一・馬場駿吉