「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ジャコメッティ


矢内原伊作は、1956年から1961年にかけて、5度の夏をパリで過ごした。彫刻家・画家、アルベルト・ジャコメッティのモデルをつとめるためである。彼は、ジョンソン博士におけるボズウェル、ゲーテにおけるエッカーマンのように、偉大な芸術家との対話を忠実に記録した。残された手帖の最初の1冊にこう記されている。〈常に携え、一切のものを記録するためなり。外界ではなく内界を、印象ではなく思想を、事象ではなく本質を。見ることが、そのまま生きることであるほどに。〉芸術家は、他の誰よりも矢内原に、制作の過程で、日常の会話で、率直な言葉を吐いているようにみえる。〈もう少しの勇気、50グラムの勇気、あと一滴の勇気さえあれば!〉といった具合に。

矢内原が生前に、最初の年の経験をもとに、『ジャコメッティとともに』と題し、まとめた単行本もいまや幻の本となっている。それに、60年・61年の日記・手帖より再現された「ジャコメッティ語録」、矢内原あて9通の手紙も、本書には収められている。20世紀を代表する偉大な芸術家の数々の作品にその姿を残す〈ヤナイハラって誰?〉という、世界中の読者の問いに答えるとともに、この一書を通して、ヤナイハラの名は不滅のものとなるであろう。


目次


I ジャコメッティとともに
II その後のジャコメッティ
III ジャコメッティからの手紙
IV ジャコメッティについての日記・手帖(1960年8月‐9月/1961年7月‐9月)
V アルベルト・ジャコメッティ略年譜

解題
あとがき  宇佐見英治/武田昭彦


著訳者略歴

矢内原伊作
やないはら・いさく

1918年5月2日愛媛県に生まれる。1941年京都大学文学部哲学科卒業。1942年海軍予備学生として従軍。1945年台湾高雄で終戦を迎える。1946年帰国。法政大学講師となる。1947年学習院大学助教授。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
宇佐見英治
うさみ・えいじ

1918年大阪に生まれる。1941年東京大学文学部卒業。明治大学名誉教授。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
武田昭彦
たけだ・あきひこ

1952年北海道に生まれる。1990年法政大学大学院哲学専攻博士課程修了。法政大学、明治大学、横浜国立大学非常勤講師。

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

書評情報

石井ゆかり<「FIGARO japon」 2016年2月号>

この本の関連書


「ジャコメッティ」の画像:

ジャコメッティ

「ジャコメッティ」の書籍情報:

A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/352頁
定価 5,832円(本体5,400円)
ISBN 4-622-04414-5 C1071
1996年4月19日発行

この本を購入する