「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



リルケ美術書簡<品切>

1902-1925


27歳を前にしてリルケは、結婚して1年のクララの許から、パリにロダンを訪ねる。『ロダン』論執筆のためであったが、一方、事物の正確さ、厳密さと真実を、どのように詩で表現すべきか、己が〈詩の美学〉を構築するためでもあった。「どうにかして私も、事物をつくることができるようにならねばならないのです。彫刻的な、書かれた事物ではなく、――手仕事から生まれくる現実をです。/素材の実体にはよらない具体的な表現手段を見つけださねばなりません」(ルー・アンドレアス-ザロメ宛)。
造形作家が石を刻むように、詩人は言葉を刻まなければならない。造形美術の模倣ではなく、詩人自身の言葉を索めて、リルケは多くの造型作品に見入る。美の巡礼が始まる。世に云う『セザンヌ書簡』を超えて、数多くの書簡が書かれることになる。
近代芸術から現代芸術へと大きく変貌を遂げつつあった時代に、ロダン、ゴッホ、セザンヌからピカソ、クレーの作品の前に佇む日々は、己が〈芸術事物〉表現による『マルテの手記』あるいは『オルフォイスへのソネット』を産む過程でもあった。
死の前年までの書簡のなかに謐かに紡ぎ出される言葉は、孤独の裡に造型作品にかい合う修道僧のようなリルケの姿をくっきりと浮かび上がらせる。



著訳者略歴

ライナー・マリア・リルケ
Rainer Maria Rilke

プラハ出身の詩人。ドイツ、フランス、スイスに住み、著名な散文・詩作品を残す。散文『マルテの手記』。詩集『新詩集』、『新詩集 別巻』、『ドゥイノの悲歌』、『オルフォイスへのソネット』。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
塚越敏
つかごし・さとし

ドイツ文学。慶應大学名誉教授・常磐大学講師。著書『リルケの文学世界』(理想社)、『リルケとヴァレリー』(青土社)。監修『リルケ全集』全10巻(河出書房新社)。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「リルケ美術書簡」の画像:

リルケ美術書簡

「リルケ美術書簡」の書籍情報:

A5変型判 タテ210mm×ヨコ138mm/336頁
定価 4,400円(本体4,000円)
ISBN 4-622-04415-3 C1070
1997年12月12日発行
<ただいま品切です>