「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



アルバム ジャコメッティ

撮影・テクスト
矢内原伊作

《写真をとらせて頂きたいのですが》
《いいとも、暗すぎはしないか……》
矢内原は日夜、ジャコメッティを撮り始めた。アトリエで、カフェで、故郷の村で。カメラはキャノンIVSb、50年代日本のカメラ工業力を世界に問う最高機種であった。
人生の一時期、たまたまこの類い希な人物に出会い、そのモデルをつとめることになった矢内原は、その言葉を手帖に克明に書きとどめた。この『アルバム』は、その文字による記録に対し、写真による記録といえよう。何を記録しようとしたのか。矢内原は言う、〈感動があれば、それを記録し表現するために注意深く撮影する。そしてまた感動を表現するために被写体を注意してみれば、それによって対象がよりいっそうよく見えてくる〉。
ここに一挙に公開された263枚の写真は、その感動を生まに伝える。ジャコメッティとともに過ごしたすばらしい日々! これらの写真、いつ見てもあきることはない。


目次


I
ジャコメッティとの日々 1955-1961

II
1956年
1957年
1959年
1960年
1961年

解説(武田昭彦)


著訳者略歴

矢内原伊作
やないはら・いさく

1918年、愛媛県に生まれる。京都大学文学部哲学科卒業。哲学者、元法政大学文学部教授。1989年歿。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「アルバム ジャコメッティ」の画像:

アルバム ジャコメッティ

「アルバム ジャコメッティ」の書籍情報:

A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/176頁
定価 4,620円(本体4,200円)
ISBN 4-622-04421-8 C1070
1999年9月20日発行

この本を購入する