「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



記憶の街<品切>

震災のあとに


「1995年1月17日早朝のことだった。いつもどおり7時少し前に起き、いつもどおりテレビをつけると、何かいつもとは違った気配が、画面の向こうで生じていた……」

前日の午後まで、神戸に帰省していた著者が、東京で知ることになった阪神・淡路大震災。両親を含めた親族らが暮らす街、神戸を襲った未曽有の大災害からの5年の日々を、「半ば被災者、半ば目撃者」である一人の女性としての著者は、いかに見、いかに生きたであろうか?
震災直後の凄まじい崩落の実態、被災者たちが強いられる不条理な現実、公的援助への闘い。「個」としての確かな視点からの文章は、〈震災以後〉の神戸が直面する様々な困難を、リアルに浮かび上がらせる。
更に、老いた母親の介護と別れ、同世代の友人たちが向き合う苦渋の生、市民不在のまま進められていく「再建」への疑問……「目覚ましい変貌を遂げていく街の蔭で、ひっそりと消え去っていった大切なものたちへの愛惜の思い」に支えられて、〈神戸〉の記憶と現在がゆるやかに語られていく。
「5年にわたる長い沈潜と反芻をくぐりぬけ、いまようやく喪われた神戸の記憶が紡ぎだされた」と鎌田慧氏にも推薦される、静かで強い長篇エッセイの登場である。


目次


I 大震災ノート
II 悼む歳月 女友だちへの手紙
あとがき


著訳者略歴

佐々木美代子
ささき・みよこ

1940年、神戸市生まれ。作家。早稲田大学文学部露文科卒。著書に『ドストエフスキーへの旅』『インディアン・サマー』『透きとおった贈り物』(いずれも新潮社)ほかがある。

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「記憶の街」の画像:

記憶の街

「記憶の街」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/224頁
定価 2,376円(本体2,200円)
ISBN 4-622-04520-6 C0095
2000年8月3日発行
<ただいま品切です>