「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



幸福の擁護

著者
今江祥智

〈私は、子どもの文学を変えた作家たちの作品に新鮮な魅力を感じるが、1950年代の輝くばかりに楽天的な子どものための作品を再読すると「うん、いいよなー」と感動する。この二つの気持ちはどこかで融合しているのだろうか。今江祥智はその“どこか”をみつけていると思う〉(神宮輝夫)。
『山のむこうは青い海だった』(1960)以来きょうまで第一線をはしりながら、季刊誌「飛ぶ教室」を編集し、倉本聰や河合隼雄のような書き手・読み手を拍手で迎え、著者は子どもの本の領域をひろげることに心を傾けてきた。
その著者が、子どもの本と大人の本の〈境界〉はあると、あらためて言った。それなら子どもの本は何を描くか。作品は希望の約束、〈言いかえてみると、むこうの山にのぼったら、青い海が見えるだろうかどうだろうか――〉(22ぺ一ジ)。

老年の編集者を気どった自由な児童文学三十年の検証や、本というものをこよなく愛する著者が読む、花田清輝からバンサンの絵本、石井睦美の最新作まで。子どもの本の現在を一望する今江祥智最新評論集。


目次


1 幸福の擁護

2 子どもの文学がうまれる
プー横町の三十年/過去へのまなざし/古典といま/出版者たちの飛行/「飛ぶ教室」始末記/絵本「楽」ことはじめ/初心にかえる?

3 子どもに語る大人に語る
子どもが見えてくる/子どものいる風景/少年詩の方位/さくらのことばで/きらきらひかるということ/プーさんとミルンさんのこと/ナンセンスのこと――連想ふうに/癒すということ

4 ことばのつむぎかた
やわらかなことばで/昔噺の再話/訳文よみくらべ/生きる悦びを/やっぱり詩人/おいしい本/土を馴らすということ

5 読むことのなかから・書くことのなかから
河合隼雄さんをめぐって/ケストナーの大きな本/花田清輝の書かれざる傑作/中勘助の『銀の匙』/ガブリエル・バンサンの世界/始まりの嬉しい一冊――『マサヒロ』のこと/稲見一良さんの一冊/岩瀬成子さんの一冊/子犬の耳――落合恵子さんの本/友情について――石井睦美さんの一冊/分厚い本の愉しみ/高杉晋作とともに

6 夢色の交友録二つ
a 松居直さん/赤羽末吉さん/長新太さん/谷川俊太郎さん/和田誠さん/宇野亜喜良さん/手塚治虫さん/田島さんと田島さん/神沢利子さん/片山健さん/阪田寛夫さん/宮崎学さん/瀬川康男さん/あまんきみこさん/中川李枝子さん/古田足日さん/山下明生さん/西郷竹彦さん/神宮輝夫さん/河合隼雄さん/秋野不矩さん/中川正文さん/二宮由紀子さん/川島誠さん/岩瀬成子さん/高田桂子さん/杉浦範茂さん/津野海太郎さん/黒木和雄さん/工藤直子さん/倉本聰さん/串田和美さん/山田太一さん/江國香織さん/石井睦美さん/刈谷政則さん/島式子さん/増田喜昭さん/落合恵子さん/遠藤育枝さん/伊藤英治さん/灰谷健次郎さん/上野瞭さん/山村光司さん/モンタンさん
b レオ・レオニ/ディック・ブルーナ/マリー・ホール・エッツ/ライナー・チムニク/ポール・ランド/ユリー・シュルヴィッツ/アロワ・カリジェ/トミー・アンゲラー/アーノルド・ローベル/モーリス・センダック/ハンス・フィッシャー/フェリクス・ホフマン/ジャクリーヌ・デュエム/ガブリエル・バンサン/C・V・オールズバーグ/ショーエンヘール/ヨーレン/ウッド夫妻/ヴォルフ・エールブルッフ/レイモンド・ブリッグズ/ビジョー・ル・トール/エリック・ローマン

ブックリスト――とりあげた本から
あとがき
初出一覧
索引


著訳者略歴

今江祥智
いまえ・よしとも

1932年大阪市に生まれる。同志社大学文学部英文科卒業。中学教師、編集者をしながら執筆活動に入る。1968年京都に移り、聖母女学院短期大学で児童文学を講じる。50歳から執筆に専念。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「幸福の擁護」の画像:

幸福の擁護

「幸福の擁護」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/432頁
定価 3,240円(本体3,000円)
ISBN 4-622-04605-9 C0095
1996年6月25日発行

この本を購入する