「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



大西巨人文選 4

遼遠<品切>

1986-1996

著者
大西巨人

戦後50年を経て、この国の混迷はますます深い。生と死をめぐる存在論的思考を見事に展開した最新長篇『迷宮』を上梓して「中期前半の仕事」を締めくくった作家の眼は、なおも深く鋭く、現代日本の病弊を衝く。

本巻は、1984年以降の単行本未収録エッセイを一挙に収め、それに『巨人の未来風考察』から自選したエッセイを加えた、ファン待望の一冊である。

社会主義、差別問題、エイズ法案への疑問から、愛好するミステリー、ガン体験、夏休みの回想まで、作家の円熟の筆は味わい深いユーモアを湛え、読者を飽かせない。日本漢詩や俳句、絵画をめぐる文章も、創作の現場でくつろぐ作家の、さりげない舞台裏を垣間見させてくれる。ここには正に、現代日本における思想/文学の最良にして最新の成果が輝いているのである。

巻末対話のゲストには鎌田慧氏を迎え、「個の自立について」をテーマに語り合う。



著訳者略歴

大西巨人
おおにし・きょじん

1919年福岡市生まれ。九大法文学部中退。毎日新聞西部本社に入社後、1942年対馬要塞重砲兵連隊に入隊する。戦後、福岡で『文化展望』の編集に従事、また『近代文学』同人として、小説・評論を執筆。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「遼遠」の画像:

遼遠

「遼遠」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/552頁
定価 4,950円(本体4,500円)
ISBN 4-622-04644-X C1395
1996年8月8日発行
<ただいま品切です>