「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



明るさの神秘<品切>


〈さっきから私にはなぜとなく、ほんとうはいまここで私ではなく賢治こそヘッセと向きあって話すにふさわしいという思いが、しきりと頭をかすめるのだった。二人は私にとってあまりにも遠い星辰であるけれども、ひときわ強い光芒で私の泥沼を、錯誤を照らしだす。私が人生や仕事の途上でしどろもどろに迷うとき、私は彼らの光によって咽喉をうるおし、私の磁極を、行くえを見改める。〉

本書は、宮澤賢治、ヘルマン・ヘッセ、片山敏彦についてのエッセイを収める。書名はヘッセの次の言葉からとられている。《世界とその神秘の深さは、雲の黒ずんでいるところにはない。深さは澄んだ明るさの中にあるのだ。》深く見ることによって世界の神秘に触れること、そしてそのようにものを見つつ詩的に生きた人々の肖像が、澄明な言葉で描き出される。巻末には「筆略年譜」が付されるが、これもまた一作品とよぶにふさわしい感銘を読後にのこす。

詩人・宇佐見英治は本書によって第7回宮澤賢治賞を受賞した。


目次


I
明るさの神秘――宮澤賢治とヘルマン・ヘッセ
童話と心象スケッチ
グスコーブドリの伝記
雲と石――宮澤賢治のこと
悲光
空林日乗

II
純粋の眼

III
光への旅の風光
片山敏彦訳『カロッサ詩集』について
聖性と知性
ロラン・片山・ヘッセ

IV
中江兆民を憶う
兆民『三酔人経綸問答』を読む
我レ生ルルコト千歳晩シ――斎藤磯雄と師・阿藤伯海

V
『らきら山荘』アルバム
半夏粧――志村ふくみさんへの手紙
ひなげしの花の絵――加藤忠哉追悼
眠りの内と外――小栗康平「眠る男」に
作者の叡智と愛――羽田澄子「安心して老いるために」を観て
秋篠寺の伎芸天

自筆略年譜
あとがき
初出一覧
附録 栞(小尾俊人/大重徳洋/小平範男)
覆刻追記


著訳者略歴

宇佐見英治
うさみ・えいじ

詩人、仏文学者。1918年大阪に生れる。1941年東京大学文学部卒業。明治大学名誉教授。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

編集者からひとこと

この本はもともと1996年9月、岩手県水沢の小平林檎園から出版されました。本書はその〈覆刻〉なのです。
そのことは巻末の「覆刻追記」に、著者の手でしるされています。

「私は多年本は出版社から出るものだと思っていた。 ...続きを読む »

この本の関連書


「明るさの神秘」の画像:

明るさの神秘

「明るさの神秘」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/272頁
定価 2,750円(本体2,500円)
ISBN 4-622-04647-4 C1095
1997年9月10日発行
<ただいま品切です>