みすず書房

夜のある町で 電子書籍あり

判型 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm
頁数 312頁
定価 2,750円 (本体:2,500円)
ISBN 978-4-622-04656-1
Cコード C0095
発行日 1998年7月21日
電子書籍配信開始日 2013年4月 1日
備考 現在品切
オンラインで購入
電子書籍を購入 *価格は各電子書店でご確認ください
夜のある町で

詩集『渡世』で高見順賞を受けた現代詩作家による、待望のエッセイ集。
「一日をまるまる空ける。そして人と話をして過ごす。それができたら、しあわせだと思う。」「電車のなかで、二人が語らっている。そのうちの一人が、どこかの駅に降りていく。残された人の表情を見ると、みじかい間ではあれ、人が人とふれあった痕跡が、その顔に残っている。それは、消えていくものであるが、すぐに消えるわけではない。ろうそくの焔のようにしばらくの間、目もと、口もとをうろついている。別れた人と、まだ話をしている。そんな表情の人もいる。」

こんなふうに、明るく繊細な文章で書き留められているのは、ゆっくりと、でも確実に変わっている世相と社会、食べ物、作家や本のことである。それをつらぬく思いはひとつ、この国が失っているのは心である前に、まずは言葉なのだということ。その場その場で人間らしくあるために、言葉はある。あきらめ多き人生にあって、知恵と勇気をあたえてくれる、文学の実用書。