「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



読書の首都パリ

著者
宮下志朗

西欧の一九世紀は活字メディアの世紀である。言説の交換市場としての公共空間の成立。それは読書の世紀でもあった。こうした読書の民主化は、文学という制度の変革を迫らずにはいない。そして作家は、新たな読書空間と葛藤を演じることになろう。

王政復古の時代、小説は一般に定価も高く、しかも大半がフランス版貸本屋すなわち「読書クラブ」にまわされていた。首都パリには、書籍・新聞・雑誌を有料で閲覧させるアクセスポイントが何百個所も存在していた。文豪バルザックによる作者と読者をダイレクトに結ぶブッククラブ構想の挫折をうけて、ゾラは市場原理と現代文学の関係を問い、印税システムの改革を行う。純粋小説家フロベールまでが、文学という象徴財をめぐる、はったりによる闘争のアリーナに巻き込まれるのである。

また、小説の内部にも、読書する女性エンマ・ポヴァリーがおり、外部には大部数日刊紙の連載小説が人気を博していた。

ルネサンスの文学と歴史を専門とする著者が、「あこがれの」一九世紀文学に挑戦し、最新の資料をさりげなく用いながら闊達な文章で描く文学・出版・読書論。



著訳者略歴

宮下志朗
みやした・しろう

1947年、東京生まれ。1976年東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了。現在、東京大学大学院総合文化研究科教授。フランス文学・言語情報科学。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

書評情報

<図書 2011年7月号>

この本の関連書


「読書の首都パリ」の画像:

読書の首都パリ

「読書の首都パリ」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/344頁
定価 3,520円(本体3,200円)
ISBN 4-622-04660-1 C1095
1998年10月22日発行

この本を購入する

<在庫僅少です>