「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ジェイン・エアは幸せになれるか?<品切>

名作小説のさらなる謎

CAN JANE EYRE BE HAPPY?


本書は、一般の読者人にも研究者にも好評をもって迎えられた『ヒースクリフは殺人犯か?』の後篇ともいうべき一冊である。謎ときの範囲は広がって、18世紀の『ロビンソン・クルーソー』(「なぜ〈足跡が一つだけ〉なのか?」)から20世紀の『ダロウェイ夫人』(「クラリッサの目に見えないタクシー」)までを扱っている。「長大な『ジェイン・エア』論は、なかでもとりわけおもしろい。小説の謎に迫るサザーランドのシャープで多面的なアプローチの成功例の一つといえよう。1835年の婚姻法との係わりを中心に『ジェイン・エア』の設定年代をしぼりこんでいく鮮やかな手際、脇役人物の意外な重要性の指摘などを通して、謎めいた男性人物ロチェスターの背後に〈青ひげ〉伝説との関連を示唆するプロセスには、『ジェイン・エア』という名作自体と桔抗するほど、推理小説さながのスリルが感じられる」(訳者あとかき)。
他にも、「ファニー・ヒルはどこに避妊具をしまっているか?」、「トム・ジョーンズの父親は誰か?」、ホーソーンの『緋文字』を扱った「プリン夫妻はボストンで何をしているのか?」、ダニエル・デロンダは割礼を受けているのか? さらに、フェミニズム文学の正典たるシャーロット・パーキンズ・ギルマンの『黄色い壁紙』を論じた「屋根裏部屋の狂女にどんな治療法が?」など、33篇の名作小説の謎を推理している。
一般の読者がいだく素朴な疑問や感動が、小説を読む楽しみだけでなく、それを研究する上でもいかに重要か――心底から小説を愛する読書人への好個の贈り物。



著訳者略歴

ジョン・サザーランド
John Sutherland

ロンドン大学ユニヴァーシティ・カレッジ、ロード・ノースクリフ記念講座教授。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
青山誠子
あおやま・せいこ

東京大学大学院修士課程修了。英文学専攻。現在青山学院大学文学部教授。著書『シェイクスピアの女たち』『シャーロット・プロンテの旅』(研究社)、『プロンテ姉妹――女性作家たちの十九世紀』(朝日選書)他。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
朝日千尺
あさひ・ちせき

神戸女学院大学大学院修士課程修了。英文学専攻。現在近畿大学教授。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
山口弘恵
やまぐち・ひろえ

1933年中国(旧満州撫順市)生まれ。武蔵野女子学院短期大学(現武蔵野女子大学)、法政大学を経て同大学院修士課程修了。英文学専攻。現在武蔵野女子大学教授。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「ジェイン・エアは幸せになれるか?」の画像:

ジェイン・エアは幸せになれるか?

「ジェイン・エアは幸せになれるか?」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/312頁
定価 3,520円(本体3,200円)
ISBN 4-622-04673-3 C0097
1999年1月8日発行
<ただいま品切です>