「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



言葉の向こうから


『詩のトポス』から7年、著者初めてのエッセイ集である本書において、文章と講演録は同じ比重を持っている。「詩、文学、絵、書などをテーマとしたもの、風景をめぐって書かれたものがある。万葉集やフランス文学や日本の現代詩についてふれたものがあり、自分自身の詩について語っているものがある。このエッセイ集のテーマを――これらの文をまとめさせたものをあえて言うなら、わたしなりの世界との出会いということになるだろうか」(あとがき)

ソニア・リキエル、デュブーシェ、デュパン、ジャコメッティ、ブラン・ヴァン・ヴェルデ、宮沢賢治、中原中也、有間皇子、世阿弥……。これらの固有名の向こう側から立ちのぼる匂い。やって来る光の息吹き。そうした世界との出会いを記す言葉は、ときに華やぎ、ときに口ごもる。けれども、見つめ、見つめ返されながら、高見順賞を受けた詩集『定本 闇』の詩人は、世界の分厚さのなかに分け入りつつ、その声にこたえようと試み、その軌跡がここにある。



著訳者略歴

吉田加南子
よしだ・かなこ

1948年東京に生まれる。1971年学習院大学フランス文学科卒業。東京大学大学院を経て、フランス政府給費留学生として76-80年パリ第三大学に学ぶ。詩人、学習院大学教授。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「言葉の向こうから」の画像:

言葉の向こうから

「言葉の向こうから」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/304頁
定価 2,970円(本体2,700円)
ISBN 4-622-04714-4 C0095
2000年10月5日発行

この本を購入する