「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



茅盾回想録

我走過的道路

著者
茅盾
訳者
立間祥介
訳者
松井博光

茅盾(ぼう・じゅん、1896-1981)の名は、『子夜(真夜中)』(1933)や『霜葉は二月の花に似て紅なり』(1941)などの長編で知られる。この現代中国文学を代表する作家、魯迅精神の継承者といわれる優れたリアリズム作家は、いかにして中国の大地から生まれたか。作家は、文化大革命の余波も未だ収まらない最晩年の日々、この『回想録』の執筆に専心した。

茅盾は浙江省烏鎮に生まれた。文豪を産んだこの江南の水郷は観光スポットにもなっている。幼少年時代、故郷での家族生活の描写は、圧巻である。やがて青年は、古典的教養を豊かに身につけ出郷、新知識を求め北京大学に学ぶ。予科修了後、当時世界最大の出版社の一つ、上海商務印書館に入社、初期はその編訳所で、評論・海外文学の紹介に活躍する。

青年の修業時代は、とりもなおさず中国の激動の時代でもあった。五・三〇事件、商務印書館の大ストライキ、中山艦事件、1927年の大動乱へと場面は展開していく。この『回想録』の特色の一つは、時代思潮の変化、社会運動の勃興する状況を、若い中国を担う青年――陳独秀、毛沢東ら――との交流に重ねて描いていることである。すなわち、これは自伝文学の傑作であるとともに、20世紀初期中国の文学・思想・出版に関する第一次資料の意義をも備えているのである。

原書は、1949年冬までであるが、日本語版では、完全に作家自身の手になる「作家生活の開始」の章まで13章を訳し一冊とした。第一級の研究者による見事な翻訳で、行き届いた訳注も付されている。



著訳者略歴

茅盾
Mao Dun

1896年、浙江省烏鎮に生まれる。1916年北京大学中退後、上海の商務印書館編訳所に就職、20年『小説月報』の編集を引き継ぎ、西欧近代文学の翻訳紹介に尽力。翌年、共産党入党。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
立間祥介
たつま・しょうすけ

1928年東京に生まれる。1948年善隣外事専門学校卒業。慶應義塾大学名誉教授。訳書 茅盾『霜葉は二月の花に似て紅なり』、老舎『駱駝祥子』(いずれも岩波文庫)ほか。

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
松井博光
まつい・ひろみ

1930年仙台に生まれる。1957年東京都立大学大学院修士課程修了。著書『薄明の文学――中国のリアリズム作家・茅盾』(東方書店)、訳書 茅盾『子夜』(集英社ギャラリー世界の文学)ほか。

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「茅盾回想録」の画像:

茅盾回想録

「茅盾回想録」の書籍情報:

A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/400頁
定価 14,040円(本体13,000円)
ISBN 4-622-04719-5 C3098
2002年9月5日発行

この本を購入する