「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



飯島耕一・詩と散文 2

著者
飯島耕一

「昔ブレイクのいたことも、ときどきは憶い出そう。薔薇の赤と黄を愛そう。そして悲しみつづけよう。ときにまだのこる冬の冷たい風に吹かれよう。」

『何処へ』『ウイリアム・ブレイクを憶い出す詩』『私有制にかんするエスキス』の三詩集(抄)と長篇詩「プロテ」を収録する。
西脇順三郎の詩的ワールド――「そこはやわらかく、風が吹いて、安らいでいた。人間の持っているもっともよい文明がそこにあった。それは〈哀〉なのか〈諧謔〉なのか、一口には言えないが、こちらの息をしやすいようにしてくれる詩が、そこにあった。」『田園に異神あり』は、著者が鐘愛する詩人のユニークな詩的世界をゆったりと散策し、その魅力を語り尽くした長篇作家論である。さらに、主要な「瀧口修造論」と吉岡実・加藤郁乎・土方巽などを論じたエッセーを収める。全5巻。


目次


I 詩
何処へ(抄)
何処へ/サンダウン/1956年10月11月
ウイリアム・ブレイクを憶い出す詩(抄)
カナンの地/ウイリアム・ブレイクを憶い出す詩
私有制にかんするエスキス(抄)
私有制にかんするエスキス/プロテ

II 田園に異神あり 西脇順三郎の詩
第1章 雪のイメージと生垣の発見 1946-1960/第2章 川と考える水としての人間 1961-現在/第3章 テラコタの夢と知れ 1924-1933
西脇順三郎への回流 晩年の西脇さん

III 瀧口修造へのオマージュ・一人の舞踏家と戦後の詩人たち
シュルレアリスム詩論序説/ランボーとその後に来たもの――小林秀雄と瀧口修造/詩のイメージ/ファタ・モルガナ/デュシャン語録のエスキス/葉末の神々への手紙/わが詩の擁護――安東次男の詩をめぐって篠田一士に/『薬玉』のこと――吉岡実/東北の暗黒世界での秩序と美――土方巽「四季のための二十七晩」/加藤郁乎の詩は徹底的に役に立たない――『形而情学』評 /加藤郁乎句集『江戸櫻』

作品ノート


著訳者略歴

飯島耕一
いいじま・こういち

1930年生まれ。東京大学文学部仏文科卒業。國學院大学を経て、明治大学教授を2000年に定年退職。詩集に『他人の空』をはじめ、『何処へ』『夜を夢想する小太陽の独言』(第1回現代詩人賞)などがある。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「飯島耕一・詩と散文 2」の画像:

飯島耕一・詩と散文 2

「飯島耕一・詩と散文 2」の書籍情報:

A5変型判 タテ200mm×ヨコ148mm/328頁
定価 3,780円(本体3,500円)
ISBN 4-622-04732-2 C1395
2001年2月1日発行

この本を購入する