「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



詩人が贈る絵本 2

リンカーン ゲティスバーグ演説<品切>

THE GETTYSBURG ADDRESS BY ABRAHAM LINCOLN


黒の堅い帽子に、地味な黒い埃っぽい服。大統領は、服装その他、市民のだれとも変わらない。ただ彫りの深い顔と、そしてその両の目は、いつも深い悲しみを、その底に湛えているように見える。――

南北戦争のゆくえを決したゲティスバーグの戦いの後のリンカーンの日々の表情を、詩人ホイットマンは、日記にそう記した。

歴史の主人公としての「人びと」の誕生を宣言した『リンカーン ゲティスバーグ演説』は、戦争の深い悲しみのなかから生まれた。

「われわれは子どもたちに、子どもたちのものであるべきだという理由で、ゲティスバーグの演説を、ちゃんと手渡すことができなければならない」(作家E・L・ドクトロウ)



著訳者略歴

エイブラハム・リンカーン
Abraham Lincoln
マイケル・マカーディ
Michael McCurdy

今日、アメリカの良心を刻む、もっとも傑出した版画家の1人と目されるマカーディは、とりわけ子どもたちと大人たちを結ぶ絵本の仕事に、力を傾けてきた。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
ゲリー・ウィルズ
Garry Wills

人びとを、人びとが、人びとのために、自ら律する国のあり方。――わずか272語、たった3分の演説が、どのように世界を変えたのかを精密に分析した『リンカーンの三分間』で、ピューリツァー賞。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
長田弘
おさだ・ひろし

詩人。1939年福島市生まれ。代表的な詩集に『一日の終わりの詩集』『黙されたことば』(ともにみすず書房)『深呼吸の必要』『食卓一期一会』『世界は一冊の本』『記憶のつくり方』(ともに晶文社)など。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「リンカーン ゲティスバーグ演説」の画像:

リンカーン ゲティスバーグ演説

「リンカーン ゲティスバーグ演説」の書籍情報:

B5変型判 タテ228mm×ヨコ182mm/32頁
定価 1,944円(本体1,800円)
ISBN 4-622-04747-0 C8797
2002年4月12日発行
<ただいま品切です>