「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



E.M.フォースターの姿勢<品切>

著者
小野寺健

「フォースターという作家には、何度読んでも、そのたびに前の読み方では肝心なところがわかっていなかった、もっとも本質的な部分が掴めていないといった思いをいだかされる経験をくりかえした……具体的な小さな事象についての解釈くらいなら、一応の納得はできる。だが、作品全体、あるいは彼の精神の世界全体となると靄につつまれたようで、どうもわかっていない気がする。多くの研究者たちはこの経験を〈神秘的〉の一語で片づけている感じだが、それでは説明にならない……。

ところが……(フォースターによる)『山猫』の短い書評を読んでいるうちに、〈優雅な怠惰〉といった言葉が、カヴァフィスの詩集の書評を読んでいたときに心にうかんだ〈晴朗な精神〉といった言葉とともに、フォースターの全体をつかむキーワードとしてふさわしいと思えてきたのだった。いわばこの〈真の教養人〉の呼吸の秘密がわかった気がしたのである」(著者あとがき)。

喜劇的精神とユーモアにみちた作家、また精神の「糊づけ」をきらう真の自由人。このとらえどころのない小説家=教養人の核心はどこにあるのか? 「岩」をはじめとする初期短編群から畢生の大作『インドへの道』へ、また女性に囲まれた生い立ちから同性愛やユニークな人生観まで、フォースターの人生と作品を詳細に探査・分析しつつ、その底に流れる根本的な〈姿勢=核心〉を明らかにする。半世紀にわたる精細な「読み」から生まれた、トリリングと並ぶ、第一級の作家論。



著訳者略歴

小野寺健
おのでら・たけし

1931年横浜に生まれる。1955年東京大学文学部英文科卒業、1957年同大学大学院修士課程修了。現在日本大学教授、横浜市立大学名誉教授。英文学専攻。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「E.M.フォースターの姿勢」の画像:

E.M.フォースターの姿勢

「E.M.フォースターの姿勢」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/360頁
定価 4,860円(本体4,500円)
ISBN 4-622-04811-6 C1098
2001年9月10日発行
<ただいま品切です>