みすず書房

チェーホフ 短篇と手紙

大人の本棚

判型 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm
頁数 288頁
定価 2,640円 (本体:2,400円)
ISBN 978-4-622-04823-7
Cコード C1398
発行日 2002年1月 7日
備考 現在品切
オンラインで購入
チェーホフ 短篇と手紙

「チェーホフを知っていますか」と問われた人はたいてい「もちろん知ってますよ」と、まるで侮辱されでもしたような口調で答える。「小説は?」「小説? あまり読んだことありませんね」

チェーホフ自身はみずからを短篇小説家と思い、そう自負していたにもかかわらず、読者は戯曲の方へ引き返す。なぜか?

その問いにいくらかでも答えようとして、本書は編まれた。

自分のうちの「奴隷の血」をしぼり出せ。自由な人間たれ。それがチェーホフのもっとも重要なメッセージであった。チェーホフは甘くはなく、苦いのである。

短篇作家である編者ならではの選択による「浮気な女」「ロスチャイルドのバイオリン」など10作に、チェーホフの本質を明かす手紙の抜粋を添えた一冊選集。