みすず書房

ヘッセ詩集【新装版】

判型 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm
頁数 120頁
定価 1,540円 (本体:1,400円)
ISBN 978-4-622-04922-7
Cコード C0098
発行日 1998年1月19日
備考 現在品切
オンラインで購入
ヘッセ詩集【新装版】

ヘッセ(Hermann Hesse,1877-1962)
ヘッセの詩は、たしかに〈憧れ〉に名づけられたいろいろの名のようなものである。深い根源的な憧れ、心のまことの故郷を求めるやみがたい憧れ、痛切で、無形で、音楽的で、そして持続的な憧れ——それがヘッセの詩作のみなもとにある。そしてアイヒェンドルフやメーリケに通じる民謡調の素朴さと、インドや支那の詩に養われた箴言調のものがある一方において、1920年頃には、新しい狂想曲のような、精神分析的な詩も少なからず書かれた。その後次第に円熟した明澄さが現われ、深い総合的な英智の枠にはめられて表現されるようになってきた。私は彼を、音楽家バッハやモーツァルトと本質的な同族だと思う。彼の詩には、親しさがあると同時に孤高な味わいがある。(片山敏彦)